結局、参加しました。

ぎっくり腰で悩んでいた、発表会。
結局、雰囲気に流され、参加してしまいました。


腰が痛くて、ペダルが思うように踏めない、上半身が動かない、一週間練習できず……
こんな状況で参加しても、百害あって一利無し。

ううん、一利あったとしたら、あきらめる、断る勇気を持つことを、学んだということでしょうか。



本日、演奏した「愛の夢」は、6割は違う音を弾いて、大崩壊し終わりました。
普通の神経を持っていたら、恥ずかしくて道を歩けないですよ。
客席で聴いていた方の5分間を考えると、心が痛いです。


今回はやめた方がいいと言ってくれたのは、息子と夫。
まわりの「なんとかなるから!」に流されてしまいました。

私には、なんともならなかったし(腰の痛みよりも一週間練習できなかったことの方が厳しかったと感じた)、先を見通すことの出来ない、思慮の浅い自分を恥じています。


いつもなら、「次は頑張る〜!」となりそうだけど、しばらく、ピアノはいいかな。
今は、そんな気分です。


悩み中。

ぎっくり腰になってから、はや六日。
おかげさまで、寝たきりの生活からは脱することができました。


でも、あれから一度もピアノに触れることのないまま、明日の発表会を迎えてしまいました。
午前中に、恐る恐る弾いてみて、「こりゃダメだー」と思ったのは、ペダル。
腰がこわばっていて、足を上げることができない。
おまけに踏み替えた時に腰に電気が走るので、イタイ、イタイ(涙)

あとは、硬直してロボットのような状態なので、上半身の体重移動ができないから、腕を突っ張るようにして延ばさないと離れた鍵盤に指がのらないこと。
こういった痛みは、当人にしかわからないと思いますが、本当に厳しいです。

明日だけ気合いで乗り切って、、、、という訳にいかないのは、来週、術後三ヶ月の検診で遠出をする予定があるから。
再び寝込むことだけは、絶対に避けたい。


それに、発表会前日で、一週間練習ゼロって、考えられないですよね。
意地を張って参加し、今までの練習の成果の半分も出せないことは、私にとってはとても悲しいことです。


先生と相談をし、明日の午前中のリハーサルの状態で、参加するのかを決めることにしました。
(娘との毎年恒例、今年で6回目の連弾は、早々にあきらめ、先生にお願いしておきました。)

靴は、ヒールをはけないので、ぺったんこに近い靴をはくことにしました。
(ペダルのことを考慮し、先生にも低い靴を薦められた)
そうなると、予定していたワンピースを着るとアンバランスなので、違うワンピースを着ることに(涙)


あーぁ、どうしましょう。
決めるのは、私です。
しっかり考えて、ギリギリまで悩みたいと思います。

ぎっくり腰。

今週の月曜日に、ぎっくり腰になってしまいました(இдஇ; )

痛くて身体をピクリとも動かすことが出来ず、トイレに立ち上がるのに10分かかる始末。
身体が、上半身と下半身に分かれてしまった感じで、腰がフラフラして、歩こうと思っても足が前に出ない(涙)

痛いのは三日!と思い、薬を飲み、ひたすら安静にしていました。
今日になり、家の中でそろりそろりと歩いて、用を足せるようになりました。

腰が伸びないから、ヒドイ猫背で、お婆さんのようですが(汗)
ビックリしたのは、腰の高さが右と左で15センチ違っていること。
身体がくの字に傾いています。


困ってしまったのは、発表会まであと3日ということ。
3日経つと、弾けるようになるのかしら。
でも、月曜日から一度も弾いていないし。
こんな状況で、ステージに経つのは怖い。
でも、でも………たくさん練習したし。
キャンセルしたくない。

あーん、どうしよう。
安静にしつつ、悶々と悩んでいます。

桃の節句。

3月3日は、桃の節句。

娘のお雛様を出すのは、今年で10回目となりました。
時が経つのは、本当に早いです。





多くは望みません。
健康で、優しい子に育ちますように。


ロメオとジュリエッタ

西本智美 指揮『ロメオとジュリエッタ(プロコフィエフ)演奏会形式、字幕付き』を観てきました。



今回は、私には初めての形式の舞台でした。

ステージにオーケストラがいて、
その奥に高めに作られた小さな舞台でバレエダンサーが踊り(踊るというより、劇?)、
サイドには字幕が付いているという、西本智美さんの指揮を観ているだけでもステキなのに、音楽と踊りと言語、どこに集中したらよいのやら、という悩ましい舞台。

それでも、後半からラストに向かっての、ダンサーの迫力ある演技に、す~っかり引き込まれてしまいました。
特に、お墓の中で眠るジュリエッタを見つけた時のロメオの驚愕といったら(இдஇ; )
音楽は最高だし、思わず泣いてしまいそうでした。


一緒に行った娘はというと、バレエのレッスン後に出かけたので疲れていたのか、最後の一番良いところで眠りに落ちてしまいました(汗)
あの大音量の打楽器が鳴る中(前の方のお席で、打楽器の目の前でした)、よく目が覚めないね!と、ある意味ビックリ~


『あの後、どうなったの?』と聞く娘にストーリーを説明しながら、家に帰りました。
とても素敵な、演奏会でした^^