初運転。

退院から2週間が経ちました。
自分でもビックリしてしまうぐらい、順調に回復しています^^


首の動きもスムーズになってきたので、制限されていた運転を再開しました。
週に4回ある娘のバレエの送り迎え(私が運転するのはこのためと言っても過言じゃありません!)を、友人や夫にお願いしていたけれど、もう自分で大丈夫。


今年、初の運転は、夫が年末に衝動買いし、先週納車された車でした。


ボルボV40クロスカントリー2015モデル


ここ数年、夫と車を使いたいタイミングが重なり、「もう一台あると便利だね~」と話してはいたけれど、こんなにあっという間に決めて(買って?)くるなんて!

思い起こせば、12月23日のこと。
私と娘がクリスマス会に出かけた時に、一人での時間を持て余した夫が、ディーラー巡りをし、三社から見積もりをもらってきた。
「どれか、買おうと思う。」と言う夫に、「雪道で滑らない車だったら私はどれでもいいと思うよ。」と話したら、悩みに悩みボルボに決めたようで、4日後の27日に契約し、先週22日(木)に納車となったのでした。
(そういえば、納車待ちのレクサスNXは、未だに連絡がありません。)


家の前の道は、こんな感じ。
街中の雪が消えても、ここだけはスケートリンクの様です(涙)



運転もできるようになったことだし、ピアノのレッスンへの復帰も考えたいと思います。


新学期、スタート!

娘の三学期が、やっと昨日から始まりました。
長い冬休みなので、宿題が多くて大変!


最後まで残った自由研究は、身体のことについてまとめました。



写真では分からないけれど、実は大きくて、模造紙を2枚半使いました。
人型は、娘の実物大です。
内容が薄いので、インパクトで勝負?です(汗)

三学期は、44日でおしまいだそう。
寒さに負けず(今日は大寒!)、元気に登校してほしいです。





同じマンションに住む友人が、退院祝いとして、老舗のお蕎麦やさんに仕出しのお弁当を手配してくれました。



気持ちがとても嬉しくて、あらためて幸せを感じています~(T_T)


英気を養ったことだし、あっという間に元気になりそうです^^


「いいイチゴの日」と、久しぶりのピアノ。

昨日、1月15日は、『いいイチゴの日』だったそう。


ピアノのレッスンに行った夫が、先生からお見舞いとして、イチゴとケーキを頂戴してきました。




粒の揃った、とても甘いイチゴでした。
添えられていた先生からのメッセージを読んだら、ふと弾いてみようという気になり、ほぼ1ヶ月ぶりに「愛の夢」を弾いてみました。

こんなに弾いていなかったのに、音を覚えていてビックリ。
弾いている時は首の違和感もなく、「これなら3月末の発表会もいけるかも~。」と思ったのもつかの間、弾き終えた途端に喉の圧迫感(絞められている感じ)が強くなり、横になり休みました。


ここ数日で気がついたのは、疲れてくると、圧迫感を強く感じるということ。
(ジワジワと絞めつけられているようで、かなり不快。)
慌てずに、毎日少しずつ弾く時間を延ばしていこうと、思いました。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

退院、そして術後1週間。

ご報告が遅くなりましたが、おとといの13日に無事に退院し、自宅へ戻ってまいりました。
家が近くなり、見慣れた河川敷、公園の木々を見たら急にホッとしてしまい、タクシーの中で涙がこぼれてしまいました。

私、ずっと緊張していたみたい。



9日間の入院生活でした。


お花のプレゼントが、嬉しかったです。





術後から1週間、今、辛いことは、

●くびの突っ張り感が強く、顔を思った方向に向けられない。目だけギョロギョロと動いています(汗)初めは口を開けるのも厳しかったので、それを思うとよくなっているけれど。

●のどの辺りが圧迫されている感じがして、首を絞められているみたい。

●くしゃみと、咳が響く。

●よく噛まないと飲み込めない。



術後の、あの痛みを思えば、今はなんて元気になったんでしょう!と素直に想います。
看護師さんに、「日を追うごとによくなっています。」と話したら、『日にち薬(ひにちくすり)』という言葉を教えてもらいました。
なんて、的を得た言葉!
あとは焦らず、回復を待ちたいと思います。





今後の生活は、運動は最低1ヶ月禁止、運転と自転車は2週間はダメ。
など、細かいことはあるけれど、食事とお酒に制限はないそうです。
さすがにお酒をいただく気分にはならないけれど、元気になったらいつでも飲めると思うと嬉しい~(///ω///)♪


帰りの新幹線で、ワインを少しだけ頂きました。




来週いっぱいは家でゆっくり過ごし、26日から少しずつ活動を開始し、2月に入ったら仕事に戻ろうと思います。


読書中。

神戸は毎日、良いお天気です!


(屋上庭園からの空の様子。)





痛みとの付き合い方もわかってきたので、退院に向けて身体を動かしています。
(ストレッチと階段の昇り降り!)


あとは、ひたすら本を読んでいます。
こんなにゆっくりと自分と向き合えること、めったにないと思うから。




30年ぶりに読んだホームズが、一番面白かったです^_^



術後2日目。

甲状腺全摘出の手術は、無事に終了しました。
おかげ様で、私は、元気です!
生きていてよかった!!




手術当日から2日経ち、今はだいぶ落ち着いたけれど、ここまでくるのに、三つの山があったように思います。


ひとつは、麻酔から覚めるまでの3時間。

もうろうとする意識の中で、何度も名前を呼ばれ、肩を叩かれ、手術が終わったのだと気づくのに、ずいぶんと時間がかかりました。
(私はおかしな夢を見ていた。)

リカバリー室に運ばれ、夫と娘の顔を、なんとなく見て(目があかない)、言葉を発しようとした途端に、首が重く身体が動かなくて、吐きたいと訴えて背中をさすられても、のどが痛くて吐くこともできなくて……
吐き気止めの点滴と、痛み止めの座薬でやり過ごしたものの、生きた心地がしない、一番ツライ時間でした。



ふたつめは、夜が明けるまでの時間。

麻酔が覚めた3時間後に、水を飲まなくてはいけなく、唾も飲み込めないほどのどが痛いのに、三口ものみました。
さらに3時間後、今度は立ち上がってトイレに行かなくちゃいけなくて。
『首や肩に力を入れないで、腕の力で起きますよ~』と言われても(涙)

身体を起こすと吐き気が襲うし、横になっても寝返りがうてないから、腰が板のように痛いし。

隣のベッドで休んでいた術後の年配の男性は、ずーーっとイビキをかいて寝ていて、この状況で寝られることがうらやましくもあり、勘にもさわり……
時間の分からない中、早く朝になり、自分の部屋に戻りたいと、痛みに耐えながら願っていました。



みっつめは、糸と、血を抜くための管を抜くまでの間。

傷からの出血を貯めておく管が、首に付けられているのだけど、これがくせ者で、少しひっかかると痛いし、行動が制限されて本当に嫌だった。


(管が手前の私の首につながっている。血が溜まる容器をいつも持って歩いた。)


私は出血が順調に少なくなったので、今日のお昼前に、管を抜いて、抜糸をしてもらえました。
身体が軽くなり、これで、今夜はゆっくり眠られそう。





ツラかったことを書いたら、どこまでも書いてしまいそうなので、この辺で止めておきます~。


退院は13日に決まりました(^_^)



さようなら、甲状腺。

昨日、無事に入院の手続きを済ませ、 現在入院2日目。
パジャマにスッピンでいるせいか、見た目はすっかり病人です(汗)



病室の窓からは、遠くにポートタワーが見えます。





手術は、明日の午後1時から。
時間は3時間ぐらいで、術後翌朝の朝食まではリカバリールームで過ごすそう。



私はこんなに元気で、具合の悪いところなんて全くないのに。
甲状腺を取らなくちゃいけないなんて、とても、不思議な感じ。



不安はあるけれど、それを口にするとみんなが心配するので、こらえています。
執刀医の先生方に全てをお任せして、心穏やかにその時を待ちたいと思います。
(おみくじにも書いてあったしね。)



43年間ガンバってくれた、私の甲状腺。
今までありがとう!



今年のお正月。

あけまして おめでとうございます。


今年のお正月は、年末に娘がインフルエンザにかかり(下がった熱が31日からぶり返し焦りました)、家を3日から空けるための準備に追われ、いつになくバタバタと迎えてしまいました。

それでも、なにもないお正月はさみしいので、最小限のおせちを用意しました。








初詣は、元日の夜に夫と二人で。


その時に引いたおみくじは、末吉。

凶のひとつ手前が、末吉……
いや~な感じだと思ったけれど、『末広がりに良くなる!』という解釈もあるそうなので、前向きに考えたいと思います(//∇//)


ちなみに、病気の欄には、
〈心を穏やかにすれば治る〉と書いてありました(汗)





思い起こすと、昨年は気持ちが揺らぐような事が多かったような。
私が心がけていることのひとつに、平常心があるけれど、もう、全然ダメ。
出来事にも、人の言葉にも、動揺しまくりの1年でした。


今年の目標は、

常に平常心を心がける。
やるべき事は、後回しにしない。

この二点にしたいと思います。


それでは、今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。