発表会、終わる。

昨日、娘と二人で参加した発表会が、無事に終わりました。
ううん、決して無事ではなく、朝から想定外の出来事が発生し、本番前にグッタリでした(涙)


私が朝イチで美容室に行ったまでは順調だったけれど、帰宅したら夫が大騒ぎ!

『たいへんだ~、娘が吐いて、顔面蒼白!』

しばらくすると、お腹を痛がり七転八倒する娘。
赤ちゃんのときに、腸重積になっているので、お腹を痛がると不安になってしまう。
リハーサルの時間はせまっているし、それ以前に、娘は発表会に参加できるのか?
娘を欠席させて、私だけ弾いてくる?

とりあえず先生に連絡をして、ギリギリまで家で休ませ、様子をみることに。
夫の処置が功を奏したのか(元小児科医)、娘のどうしても行く!という気持ちが強かったのか、なんとか時間に間に合い、参加することができた。


ということで、家でほとんど練習できないまま、私も娘も、本番を迎えることに!


私の最初の出番は、娘との連弾。
娘との連弾も、5回目となった今年は、
私がリードして弾くというより、私が娘に引っ張られている感じがして、非常に弾きづらい。
気持ちがソワソワしたまま弾いてしまい、結果、肝心なところで音を外してしまい、イヤーな緊張感を残したまま、
次の出番へ。

次は大人の生徒さんとの連弾。
曲はドリー組曲から、『ドリーの庭』と『ミ・ア・ウ』。
一緒に演奏するのは、今回で4回目。
週一の連弾レッスンを、2ヶ月続けてきた。
今回はお互いの音色を揃えることに力をいれて、頑張って来たけれど、、、緊張って怖い。
『ドリーの庭』で、私が許容範囲を超える数のミスタッチをしてしまい、ガックリ。
申し訳ない気持ちで、いっぱい(涙)
『ミ・ア・ウ』は、ノリノリで弾きやすく、ピッタリと息が合うと、気分爽快。
聴いている方にも、そんな雰囲気が伝わっていたら嬉しい。


そして、ソロのノクターン2番。

IMG_9685.jpg

いつもの3割引きの演奏になってしまった。
先生の発表会でこんなにボロボロになったのは、初めて。
手は震えなかったけれど、途中、ペダルを踏む足が震えて、ドキッとした(涙)

ひとつ、よかった点をあげるとすれば、最後の最後で音がわからなくなったときに、弾き直さず、弾いたつもりでテンポをカウントして、次のフレーズに入れたこと、かな。
(とぼけるのが上手になった?)





今は終わって、本当にホッとしています。
娘も、具合が悪かったなんて嘘のように元気です。

応援にきてくれた、かふぇ婆さん、白チュブさん、フクママさん、お忙しい中、ありがとうございました。
とても心強かったです^^





来年の発表会に向けて、明日から頑張ります♪



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪ 3/21

ちょうど2年前の発表会から、キロ()太ってしまった私。
さすがに、このままではいけないと思い、なんとか2キロ減量した。

でも、やっぱり洋服がキツイのよね。
ワンピースはファスナーがギリギリ、着丈は上がって短い(涙)

あきらめて、今回の発表会は、ゆとりをもって着ることのできる黒のブラウスと、ふんわりスカートに決定。


ブラウスの後ろ姿はこんな感じ〜。



前はとてもシンプルな作りで、シースルーのお袖と、後ろのシルエットがお気に入り。
私が服を選ぶときのポイントは、「派手でなく、地味でなく、華やか」であること。
そう考えると、今回は地味な雰囲気。
そのぶん、美容室で髪の毛を、品よく盛り上げてもらおうと思う。

演奏がイマイチなので、その他の要素でガンバル作戦です(汗)





そして今日は、発表会前、最後のレッスンだった。

ノクターンの、今日の注意点は、

《ブレスが浅い》

リハーサルの録画でも気になったし、気をつけてはいるのだけれど、難しい!
私の演奏は、聴いている人に、お尻がソワソワして、慌てている感じを与えてしまうのだと思う。


家でリラックスして弾いているときが100点。
サークルで演奏すると、1割引きで90点。
ステージだと、緊張が手伝って、さらに2割マイナス?!

毎回、こんなにドキドキしながら発表会に参加する私は、アホじゃないかと思う。
・・・終わった後に充実感が味わいたいから、頑張っちゃうのかな。
頑張ったからこその、充実感。
うまくいっても、いかなくても、
ドキドキを楽しんできます^^


今回、心配なことをひとつ上げるとすると、いつも譜めくりをしてくれる先生が、そばにいないこと。
私が一番安心して弾くことができるのは、先生の前。
そばにいてもらえると、ステージがレッスン室のような錯覚を覚え、落ち着く。
でも今回は、譜めくりが必要ないので、一人で出て、一人で弾きます。
そんな当たり前のことが、ちょっと怖い。


どうか、少しでも落ち着いて弾くことができますように。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

リハーサル

16日、日曜日は、ホールでリハーサルでした。

私の時間に残っていたのは、気心の知れた大人の生徒さんばかり。
緊張する必要なんて全然ないのに、ステージに上がったということだけで、心拍数が急上昇。
息が止まりそうな緊張の中で、弾いてきました〜。


IMG_9575_convert_20140319084144.jpg


先生からは、
「おとといのレッスンを思い出して!ブレスよ、ブレス!!
 メロディは十分に聴こえているから、大丈夫!」
と、いくつかのアドヴァイスをいただき、もう一度さらって、リハーサル終了。


家に帰り、録画を確認して思ったことは、
♪弾いていると音が戻ってこなくて不安に感じたメロディは、一人歩きしてしまいそうなほど響いていて一安心。
♪音のミスは気にならなかったけれど、心拍数に合わせ私の体内テンポも急上昇、ブレスが浅く、間が保てていない。


一緒に行った夫からは、
♪一度目の演奏、笑っちゃうぐらい緊張していたね^^
♪でも、高音がきれいに鳴っていたから、いいんじゃない?
と、嬉しいような、悲しいような、感想を。





本番まであと数日となってしまった。
心臓に毛が生えてほしいと、毎年この時期になると思うのよねー。

ステージで『あわわわ((((°ω°;;;))))』にならないように、打ち上げで美味しくビールをいただけるように(これ大事!)、
さあ、練習しましょう!



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪ 3/14

発表会まで1週間!

昨日のレッスンで、ノクターンを褒められました〜っ!
こんなにわかりやすく褒めていただいたのは、先生のレッスンを受けはじめて8年、初めてのこと!!
(もしかしたら褒めたのではなく、あきらめて何も言わないことにしたのかしら、とも思ったけれど、素直に喜ぶことにしました。)


『良いと思います。
 このままの状態で、本番に臨みましょう!』


思わず、目がウルウル。゚(゚´Д`゚)゚。
毎度指摘されている、ペダルも注意されなかった。
先生が教えてくださった8割に、私の気持ちが2割、上乗せされて、とても良い仕上がりだそう。

『録音を確認した?』と聞かれたので、
先日のサークルの時に、会場とピアノがよかったので、録音をして確認したことを話すと、
『どこに気をつけて弾いたのか教えて』と言われ、
自分なりに直した、気をつけた箇所を説明した。

ブレスが甘いこと、
思ったよりもたっぷりと歌えていないこと、
フォルテになると早くなってしまうこと、
装飾音はゆるやかにたっぷりと弾いた方が、華やかに聴こえると思ったこと、
弾きはじめは、真央ちゃんの滑り出しをイメージしてみたこと、
などなど。

思うように弾ける確率は低いけれど、まだ一週間あると思ってガンバろうっと。





明日は、
午前中に、写真館で家族写真を撮り、
午後は、息子の引っ越し荷物の搬出、
そして夜に、リハーサルがある。

きっとバタバタして、ピアノをゆっくり練習することは厳しいと思う。
でも、割り切りました。
息子が出て行くまでは、何をしていても落ち着かないのは仕方がない、あせらないと。
火曜日以降、巻き返したいと思います^^



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

あれから3年。

東日本大震災から、3年が経ちました。

昨日はサークルに参加していたので、午後2時46分は帰りの車の中。
黙祷のためコンビニの駐車場に入り、その時を待ちました。

あれから3年。(当時のブログの記事

息子の中学の卒業式の前日だったこと、
福島から来ていた母がテレビにかじりつき原発の様子を見守っていたこと、
夫が連日沿岸に検案に出かけたことなど、
いろいろと思い出します。


来年も再来年も、きっと、お婆さんになっても、3月11日のことは忘れないと思う。
あれから一度も帰っていない実家に、今年こそは帰ろうと思った。

レッスン♪ 3/7

4月から県外の予備校に通う、高三の息子。
予備校が決まり、引っ越しの日取りも決まり、私は落ち着かず胸がざわざわしている。
家を出たら、もう一緒に暮らすことはないと思う。
今まで当たり前だった、息子との日常がなくなってしまうと思うと、急に寂しさにおそわれてしまう(T_T)


昨日、レッスンに向かう車の中で、

《瓶の蓋が開かないときに呼んでも、もういないんだなー、
 夫に話すまでもない、ささいなことを聞いてくれる人、いなくなっちゃうなー》

などなど、息子のことを思い出したら、急に涙があふれてしまった(இдஇ; )
運転中なのに〜これからレッスンなのに!
ホント、困ってしまった。
目の赤みが落ち着いてから先生のお宅のチャイムを鳴らしたけれど、どうみても変だったと思う。

先生の第一声は、
『ティッシュ、どうぞ』だった(汗)


そんな情緒不安定な私の、レッスンの記録です。


■ノクターン Op.9-2

2週間後にステージで弾くなんて冗談のような、私のノクターン。
どうやって弾いたらよいのやら。
「こんな感じデショ!」の状態に、なかなかなりません。

先生からの注意は、
♪フォルテは維持して途中で抜かない。
♪とにかくペダルに気をつけて!(毎回注意されているので、先生もウンザリ気味)
♪左手の和音の不安な箇所を完璧に覚えましょう。


今の私の演奏に、先生はかなり不安を感じているようで、

先日は、先生が心配な大人の生徒さんを集めて、弾き合い会をする案があったけれど、皆の都合が合わず立ち消えに。

昨日は、私の次のレッスンの大人の生徒さんを電話で呼び、演奏を聴いてもらいましょうと。
ドキドキさせて、私に焦らせたかったのだと思う。

ここまで心配されると、かえって不安になってしまう…


次のレッスンまでには、もう少し前向きに弾けるようになりますように!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ひなまつり

今日は、女の子のすこやかな成長を祈る、ひなまつり。


古伊万里の立雛です。


娘の健康と幸せを祈り、家族で乾杯をしたら、
娘が、
『私だけじゃなくて、ママも女の子だから一緒にお祝いだね』と、言ってくれた。
なんて優しい言葉〜
もう女のとは恥ずかしくて名乗れないけれど、嬉しくて涙がこぼれそう。゚(゚´Д`゚)゚。
知らず知らずに大きくなったのだと、成長を感じずにはいられませんでした。





今朝、職場に向かい歩き始めたとたんに、小学校から緊急メールが届いた。
娘の学年40名のうち16名がインフルエンザ(疑い含む)で欠席したため、
学年閉鎖の措置をとること、
登校している児童については、保護者が迎えに来た順に下校させると書いてあった。

え〜っっ、学年閉鎖?!
あさって、水曜日まで家にいるのか〜
あっっ、でも、仕事は休めるし、ピアノの時間を確保できるかも!


という訳で、娘が感染していないことを願いつつ、思いがけず手に入れた時間を、大切に使おうと思う^^




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村