発表会でスピーチ?!

来月の大人の発表会に向けて、新たな課題ができてしまった。


本番で自分の番が来たら、自己紹介、曲目紹介などのスピーチを自分で行い、そのまま演奏するんですって(T_T)


演奏だけでも四苦八苦なのに、スピーチ?!
ピティナのステップで、演奏者のコメントを司会者が読み上げるでしょう?
それと同じことを、「大人だから自分で読みましょう^^」ということみたい。
内容は自由、時間制限なし、と言われても(汗)
今回の観客は関係者だけだから、かなり少ないと思われるけれど、でも、緊張するよね。

演奏するよりは緊張しないのかしら??





発表会の前日は、娘が参加するバレエ公演があり、私は一日中、お手伝いで拘束されることになっている。
その前日にはリハーサルがあるので、この日もほぼ一日ホールにつめることに。
直前に二日間も満足な練習が出来なくて、私、大丈夫(@_@;)???

でも、夫も発表会の前日までの4日間、学会で留守にすることになり、ピアノにさわれないそう(^_^;)
大人になると、やる気はあっても時間のやり繰りが難しいのだと、改めて感じた。
最後に焦らないように、普段の積み重ねが大事、ってことね。


発表会まで、2週間!



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪9/27

9月13日・20日・27日、3回分のレッスン日記です。

■ハノン 1番


4月19日から始めたハノン。
ついに、1番を合格しました〜!

長い道のりでした(T_T)
先生からは、
『丁寧に時間をかけて仕上げたので、2番からは早く進められると思いますよ。』と。

次は2番。
マイペースにガンバリます。


間奏曲op117-2 ブラームス (15回目)


10月14日の大人の発表会で、この曲を弾くのだけれど、
4ヶ月近く弾いているというのに未だに弾き方がまとまらず、悩みながら弾いています。

先生からの注意点は、

♪私の好きな箇所、嫌いな箇所が、聴いている人にハッキリわかってしまう。苦手なところもサラッと、とぼけて弾けるように。
♪スタートから9小節目まで、慎重に弾きすぎ。お婆さんが歩いているみたい。
 もっと前に前に、ドンドン進む。
 ここでもたつくと、その後のespressivoが効かないので、注意。
♪音を正確に覚えていなくて感覚で『きっとこの音だろう』で弾いている箇所が3カ所。
 確認し、覚え直す。本番で崩れるきっかけになりそうでコワイ。
♪その他、たくさん(^_^;)

ちなみに、私の大好きな箇所は、
22小節から38小節の、一瞬の希望の光のような和音の部分と、(『ここにくると水を得た魚のようですよ・・・』と毎回言われる)
61小節から71小節(音を外さないで弾けるようになりたい!)。


早く形を作り、弾き込むだけの状態にしたいのだけど。


ドリー組曲 『ミ・ア・ウ』(プリモ)


こちらは、お相手の終業時間に合わせ、8月から週一で夜にレッスンを受けている。
発表会で合わせるのは3回目。
一緒に弾くことに慣れてきたこともあり、良い感じに仕上がっている、と思う。

先生からは、『音色は揃ってきたから、呼吸に意識を』と。


次のレッスンは、10月4日です^^



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

秋の気配

今朝の最低気温は、8.1度!
窓から見える公園の木々は、少し黄色になっていた。





今日は、これからレッスン。
寒さに負けず、がんばるぞ~^^


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

発表会のワンピース

大人の発表会まで、3週間を切りました~。
まとまらない演奏に焦りつつも、とりあえず形から・・・ということで、まずは衣装の準備!

私が発表会のワンピースを選ぶときのポイントは、結婚式に参列できるようなフォーマルな雰囲気であること。


実店舗ではなかなか思うようなお品に出会えず、夜中にネットを徘徊していたら、とても私好みのワンピースに遭遇!
しかし、そちらは海外のサイトで、中国から発送されるらしい。


う~ん、どうしたものだろう、ネットでの海外通販は初。
シフォンとサテンで作られたワンピースはデザインがよく、サイズ展開も豊富だからジャストサイズで着られそう。
おまけにお安い!


一晩悩んだ後、意を決して注文し、5日後の今日、手元に無事に届きました~。





一番心配だった素材感は、お値段以上!
しっかりと張りのある生地で、光沢も品があり、とても68ドルには見えない〜(と思う!自己満足(*^^)v)
サイズも恐ろしいぐらいバッチリ。(少しでも大きくなったらアウト!)


さぁ、あとは演奏をなんとかしなければ!
なかなかやる気にエンジンがかからないけれど、気持ちだけ焦っています(@_@;)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪ 9/6

8月2,23,30日、9月6日、4回分まとめての、レッスン日記です。


間奏曲op117-2 ブラームス (12回目)

早いもので譜読みを始めてから3ヶ月!
先生からの注意点も、少しずつ具体的になってきました。


♪フレーズを大きくとらえること。細かすぎ。
♪バスが頼りない、ブラームスじゃなくてシューマンみたい。
♪テンポを感覚で揺らさない。計画的に、緩めたらつめる。
♪【】はヒョロヒョロとした弱い音で弾かない、響く音で弱く。
♪場面ごとに弾き方を変え、物語を作るように音楽を作れるといいわね。





この曲は、私が今まで弾いたことがないタイプの曲で、とても難しい(@_@;)
譜読みは予想よりスムーズに進んだけれど、気をつけないといけないことがたくさんありすぎて、前に進めない。

例えると、ドミノ倒しでコツコツと牌を並べたのに、ふとした瞬間に倒してしまい、また振り出しに戻る、そんな感じ。
弾けば弾くほど、CDを聴けば聴くほどに、緻密なメロディと奥深さに魅了されるんだけど。


ちなみに、私が好きなのは、グールドと、アファナシエフの演奏です^^

fc2_2013-09-07_22-15-24-584.jpg



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

金魚、その後のこと。

7月から飼い始めた、金魚たち。


私のお気に入りは、江戸錦のぎんちゃんだけど、

IMG_0067.jpg

銀5


夫はヒラヒラとした金魚が欲しかったらしく、8月の始めに丹頂2匹が我が家にやってきて、
おまけに金魚すくいの金魚も一匹まざり、45センチの水槽で5匹が仲良く暮らすことになった。

IMG_0097.jpg


ところが、丹頂の一匹は、やってきたとたんに尾腐れ病にかかってしまい、
購入した金魚やさんに相談し、お薬入りのバケツ暮らしになってしまった(T_T)

それでも夫の献身的な看病のおかげか、1ヶ月が経ち、尾がすっかりきれいに治り、今日から水槽に戻すことができた^^
心配したけれど、5匹で仲良く泳いでくれて、一安心。



今は、金魚やさんで見つけた、国産のピンポンパールを迎え入れようということになり、新しい水槽を準備中。
ためしに、その水槽で誰かに暮らしてもらおうと思い、金魚すくいの和金に引っ越してもらった。
和金が元気だったら、ピンポンパールを入れても大丈夫?





水槽にそっと指を入れると、よってきてくれる、可愛い子たち。
金魚がこんなに懐くなんて、知らなかった〜(@_@;)





9月6日 追記
一つの水槽で種類の違う金魚を飼育するに至るまでの経緯を、コメント欄に記載しました。
興味のある方はどうぞ^^




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ファツィオリ(FAZIOLI)を弾きに。

おとといの日曜日、
県南のホールで、『ピアノに熱中! オープンピアノDAY』 という予約制のイベントがあり、
サークルの皆さんと行ってきました〜。


これは、(以下、ホールのホームページから引用)

【コンサート用グランドピアノを、大ホールで思い切り弾けるチャンス!
日本では希少なファツィオーリ社製ピアノをたっぷりと弾くことができます。
①大ホール舞台上にて、音響反射板をセットしたコンサート仕様でのピアノ練習
②ピアノはファツィオーリF278と、日替わりのピアノ1台の合計2台を弾き比べ!
③1時間単位での利用で、通常料金より大幅にリーズナブル♪ (ひとり1日2時間まで)】

という素晴らしい企画で、この日のピアノはファツィオリと、スタインウェイ!


IMG_0020_convert_20130903222426.jpg
初めて見た、ファツィオリ。

IMG_0003_convert_20130903222353.jpg
中に、チッコリーニのサインがあった。

IMG_0010_convert_20130903222411.jpg
弾いている私。(かふぇ婆さん、ありがとう♪)
さすが大ホール!
ステージから客席を眺めると、こんな感じなのね〜!


どんなピアノだったのかをレポートしたいところだけど、私の技量では難しいのでパスです〜(@_@;)
いずれにせよ、私にはもったいないような、貴重な体験となった。
準備不足でまともに弾ける曲がなかったことが、悔やまれる(T_T)



練習しなくちゃダメね。
レッスンは金曜日!
そして、発表会は6週間後!!



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

娘、大健闘!!

先日の土曜日、8月31日は、娘のコンクールの本選(県大会)だった。


娘が演奏したのは、カバレフスキー「こどものためのピアノ小曲集」から『いたずら』。
当日のホールが、弾き慣れたホールだったことが功を奏したのか、参加部門で最優秀賞をいただくことができた。


午前中のうちに表彰式を終え、帰宅すると、
「コンクール全体の最高得点者に贈られる、審査員特別賞をもらえる可能性が出てきたから、もう一度ホールに戻るように」
と、連絡がきた。

これにはビックリ!
仕事で来られなかった夫にも連絡し、夕方の表彰式には間に合うように仕事を切り上げてもらった。

すべての部門の発表が終わった後に、審査員特別賞の発表があり、娘の名前が呼ばれたときには素直に嬉しかった!








頂戴した二つの賞は、先生と娘の二人三脚で獲得したもの。
先生には、教える立場として色々な責任があると思うが、教わる私たちにも、教わる側の責任が当然あると思う。


努力が結果に結びついた今回の結果は、本当によかった。
娘には、ご褒美に、ずっとおねだりされていた一輪車をプレゼントすることにした。
自転車には乗れないのに、一輪車に乗れる、ふしぎな娘です(^_^;)



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村