オルフェウス室内管弦楽団 with 五嶋龍

昨日、5月30日に、先生と一緒に演奏会に出かけてきました。

オルフェウス室内管弦楽団 with 五嶋龍 

演目は、
ロッシーニ・歌劇「アルジェのイタリアの女」序曲
ベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲二短調
メンデルスゾーン・交響曲第4番イ長調「イタリア」


オルフェウス室内管弦楽団は、指揮者を置かないことで有名なようなだけれど、どうやって演奏するのかしら、
と、楽しみにしていた。

一曲聴き、納得。演奏のレベルの高さに、圧巻!
指揮者がいないだけに、各々の音をよく聴き、呼吸を合わせ、緊張感を持ち演奏しているのが、ひしひしと感じられる。
それに、なんて美しい音!
演奏会でこんなに感動したのは、初めて。


五嶋龍君の演奏を聴くのは、これが3回目。
とても昔、息子が産まれた頃に、フジテレビで毎年、龍君のドキュメント番組を放送していた。
それをずっと見ていたので、龍君を見ると、『まぁ、こんなに立派に大きくなって~』と、隣のおばさんのような気持ちになってしまう。
こちらに転居し、龍君のリサイタルが近くで行われることを知った時は、嬉しかった。

毎回、感じることだけど、本当に楽しそうに演奏するのよね、龍くんは。
あの明るさ、お茶目な感じ、天真爛漫さが、そのまま音に表れていると思う。
中音域で音が詰まった感じだったのが、もったいなかったけれど、高音のスケールの駆け上がりは、それはそれは美しかった。
もう、最高!


久しぶりに極上の音楽を聴くことができ、幸せを噛みしめずには、いられない夜となった。
いつもは夫とでかける演奏会に、先生と二人ででかけ、色々なお話しが出来たことも、また楽しかった。

明日は、レッスン。
私も、しかめっ面ではなく、笑顔で弾けるようになりたいものである。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

東北六魂祭

先週末、2日間にわたって行われた、東北六魂祭。
前日の雨がウソのような晴天!

IMG_0098_convert_20120528223241.jpg

今回、実家から私の両親が見物にやってきた。
母とは度々会っていたのに、父に会ったのは2年ぶり!
久しぶりに会った父は、年相応に老け込んだ様子で、娘としては少し寂しく感じた。
私がこんなに大きくなったのだから、父が歳をとるのも当たり前のことなんだけど、、、ね。



両日で、23万4千人の人出だったそう。
こんなに人が集まるのは初めてらしく、警備や案内にも力が入っていた。
去年、仙台に六魂祭を見物に出かけた時は、大勢の人が押し掛けたため、会場に近づくこともできなかった。
それを思えば、大きなトラブルもなく終了したのかな。

IMG_0097_convert_20120528223125.jpg

駅から会場に向かう人の波~(27日)。
私は人の流れを逆流し、バレエのレッスンに行った娘を迎えに行くために、駅へ向かっていた。
わが家は交通規制の範囲に入っていたので、車を出せず、徒歩とバスで行くこととなった。
この日は、久しぶりにたくさん歩き、万歩計は1万4千歩になっていた。
これ、連休に出かけた、ディズニーランドの2日目より多いです(汗)


肝心の「6大祭りパレード」は、
初めて見た、秋田の「竿燈まつり」が楽しかった!
一度、本祭に出かけ、提灯に明かりが灯ったところを見てみたい!!

IMG_0092_convert_20120528222817.jpg

IMG_0096_convert_20120528223059.jpg
畳まれた?竿燈を発見~。


最後にねぶたを。こんどはキチンと撮れました^^
IMG_0095_convert_20120528223036.jpg


そして今日、父は一足先に帰って行った。母は、木曜日まで滞在の予定。
母が居る間は、ピアノの練習は出来ないな、きっと。
久しぶりに会ったのだから、親孝行に努めることにしましょう。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪ 5/25

明日から開催される、東北六魂祭。
県庁前で、ねぶたを発見!

IMG_0089_convert_20120525193153.jpg
(たくさんの方がカメラを構えていて、思ったポジションで撮れず、中途半端な写真です~・汗)



それでは、今日のレッスン日記です。

■ 練習曲op.25-2(4回目)

あらあら~っ、今日でもう4回目!
カメよりゆっくりね、私の歩みは。
でも、気にしない、先生を信じて進むのみです。

宿題だった、右手+バスは、「テンポよく弾けるようになりました。」と言われ、無事クリア。

次は、そこに、左手のバス+次の音を入れて、練習することになった。(まだ、全部の音で弾けないといういことです。)
【無用なアクセントをつけずに、ひたすら滑らかに弾くため、左手の拍に曲が引きずられないため】の練習だそう。

私は不器用で、打てば響くタイプではないので、1曲を仕上げるためには、細かい練習がどうしても必要。
今の先生とは、ずっとこうして曲を作ってきたので、地味な練習は苦にならないし、音を丁寧に紡ぐことが楽しかったりする。
先生の意図を、私が理解しているってことも大きいと思う。
でも、、、こういった練習の仕方って理解されないらしいです。


■ キラキラ星変奏曲(2回目)

第7変奏まで、なんとか弾けるようになった。(どう考えても初見レベルだけど。)
今日は、テーマから第2変奏までレッスンしていただいたところで、時間切れ~。

♪テーマ
 明るい音で弾けているけれど、曲の作りを考えるとその弾き方にはならない。
 横の線と、縦の線を考え、強弱をつけること。
 テンポは、四分音符=112。
      
♪第1変奏 
 基本はテーマ。同じ要領で強弱をつける。
 4、5小節にかけての左の音は、【魂のノック】なので、スラーではなく、「ト・トーン」と弾く。

♪第2変奏
 右手に気を取られない。
 やるべきことは左手の練習。ショパンを思い出し、和音の進行に従ってバスを明確に、他はパラパラと弾けるように。


変奏曲は、色を付けるように演奏するそうだ。
あくまでも、主となるのは、テーマ。そこに、変奏が色を変えて表れる。
それができないと、たるんだ感じに聴こえてしまうそう。
変奏曲って長いし、たしかにそうかも。

聴いている方が、飽きないような演奏を(簡単じゃないと思うけれど)目指すぞ~



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

パンとピアノ

今日は、特に用事もなく、娘は6時間授業でゆっくりの帰宅。
こんな日は、時間を気にせず、ゆっくりとピアノの練習ができるのが嬉しい。

練習をしても、まだ時間があったので、久しぶりにパンを焼いてみた。
焼き上がる時のにおいが、たまらなくスキ。
食べる時より、幸せな時間かも。


IMG_0084_convert_20120523203001.jpg


明日は、このパンでサンドイッチを作る予定^^
今から、楽しみ。





焼き上がりを待っている時に、昔の教本、ソナチネアルバムをみていた。

この中に、シューベルトの即興曲op.142-3の、テーマが載っている。
今から20数年前にレッスンでみていただいた曲で、当時、一曲丸々弾きたいと話したら、「今は無理です」と、一蹴された記憶がある。
久しぶりにCDを聴いてみると、夢みるようなメロディで、やっぱりこの曲が好き。と再認識。
いつの日か弾きたい曲が、また増えてしまった。

元気で長生きしないと、時間が足りないな、きっと(汗)



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

日食

日本中が沸いた、金環日食。
残念ながら、私の住む地域は帯から外れていたので、金環日食を見ることはできず、部分日食だった。

今日、ラッキーな事に運動会の代休だった娘と、日食グラスを二つ持ち、向いの公園で日食を観察した。

120521_073327_convert_20120521185949.jpg

太陽の変化を目の当たりにし、私と娘から出てきた言葉は、恥ずかしながら、これだけ。
『キャー、すご~い!』
これ以外、思い浮かばないのだから、しかたない。それほど、神秘的だった。


無謀にも、私もデジカメで撮影してみた。

IMG_0073_convert_20120521083620.jpg
7時10分頃。

IMG_0077_convert_20120521083646.jpg
7時40分頃。
この辺りでは、7時43分に最大食となったので、これが近い感じだと思う。


1時間近く観察し、朝から気分が高揚。
その後のグッタリ具合、、、想像できるでしょう?


私は幼い時に、母と見た日食を、よく覚えている。
ススを付けたガラスで、欠けているお日様を見た。(これ、いけない方法だけど、当時も日食グラスはあったのかしら?)
娘が大きくなって日食を見たとき、私と観察したことを、思い出してくれたら嬉しい。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

運動会

昨日、5月19日は、小2の娘の運動会だった。
お天気に恵まれ、絶好の運動会日和!

IMG_0069_convert_20120520202814.jpg

紫外線対策として、帽子、手袋、サングラスに日傘。完璧!
娘は、リレーの選手になれたことが嬉しく、とても張り切っていた。
転ばずにバトンをつないだ時、心底ホッとした。バトンが1位で回ってきたことも、ラッキーだったのかな。


お楽しみのお弁当は、こんな感じ↓。娘のリクエストの品だけで作ってみた。

IMG_0062_convert_20120520202742.jpg

ぶさいくな、りらっくまお稲荷さんは、ご愛嬌ということで(汗)


私は、父兄競技の綱引きに参加。(綱引き大好き!)
今朝起きたら、肩甲骨から首、腕が重くて、一日中だるかった。(ということで、ピアノの練習はゼロ。)
一晩で疲れがとれないなんて!ふぅ、私も歳をとったんだなぁ。

去年に比べると、競争意識が芽生えた娘。成長を感じないはずはなく、、、こられなかった夫は残念な気持ちでいると思う。
運動会はまだまだあるし、来年がんばって応援してあげてね。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪ 5/18

今週は、初のオフ会&サークル参加が重なり、レッスン曲の練習はそっちのけ。
ひたすら過去の曲のおさらいに勤めた、1週間となってしまった。

では、レッスン日記です。


■ 練習曲op.25-2(3回目)

前回の宿題は、右手は拍頭以外の音を脱力して弾くこと。そして、そこに左手のバスの音を入れて練習することだった。

ひたすら黙々と練習した甲斐があって、今日は、弾き方を直されなかった。

現在のテンポが、四分音符=60なので、これを66まで上げてくることが、次の宿題。
このテンポで滑らかに弾けるようになったら、左手の音符を全部入れるそう。
急がば回れ、がんばろう。


■ キラキラ星変奏曲(1回目)

コピー譜を作るのに忙しく(言い訳にもならない言い訳です)、両手で弾けるようになったのは、テーマだけ(汗)
あとは、片手ずつ、第5変奏までみてもらった。

 ♪この曲は、とにかく明るく、パリッと弾くこと。
 ♪テーマ→右手はマルカート、左手はレガートで。メロディのイメージは、ヴァイオリンのキラキラ星の演奏。
 ♪第1変奏→ヒジを楽に。右手1の指は始めからくぐらせて準備。
 
ペダルと、アーテュキレーションを教わり、次回までに短調前の第7変奏までを目標にすることになった。



先生は、大人の生徒さんだけの、小さな発表会を考えているそうで、その時にキラキラ星を弾けたらいいなと思った。
8月は、娘のバレエの発表会や、神戸へ出かける予定があるので、「9月頃はいかがでしょう~」と、図々しく希望を伝えてきた。
9月だと、あと4ヶ月あるから間にあうかも~

ずっと弾きたくて、憧れの曲だったキラキラ星。どんな風に仕上がるか楽しみ。





話しは変わり、
明日は、娘の運動会!


今年は、娘とふたりなので、少々寂しい感じもするけれど、夫の分も応援することにしましょう。
お天気が、崩れませんように。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

気がつけば、2周年

私がブログをはじめたのは、2年前の5月14日。
そう、気がつけば、2年の月日が!

更新に波があり、5ヶ月間放置したこともあった(汗)
それでも、気にかけてくださる方がいること、とても嬉しく思います。
ブログは、リアルな友人には話していないので、訪問してくれるのはネットつながりの、ピアノ好きの方々(が多いはず)。
(アクセス解析で検索キーワードを見ると、東芝炊飯器故障が圧倒的に多い(苦笑))


そんな中、ブログ友だちのフクママさんに、オフ会のお誘いをいただき、昨日参加してきました。
お近くなのは知っていたけれど、本当に会える日がくるなんて~
ブログにアップされた演奏ではなく、実際に演奏を聴けることに、心はときめき、ドキドキわくわく。

メンバーは、フクママさん、かふぇ婆さん、白チェブさん、けんば~んさん、happy timeさん、私の6人。
初めてお会いしたはずなのに、前から知っている感じ。とても不思議な感覚。
みなさん、ブログの雰囲気そのままで、お優しく、とても楽しい時間を過ごせました。

そして、みなさんピアノがお上手なことはもちろん、レパートリーの豊富さに驚かされました。
なにも弾けない私は、同じ曲を4回も弾いてしまい、ごめんなさい(トホホ)
次回までには、、、レパートリーが増えますように!







この2年間、本当にいろいろなことがあった。

私の中で一番の出来ごとは、夫が単身赴任になったこと。
夫に頼りっきりで、なにも出来ない私だったけれど、大丈夫、きちんと生活できています~。


ピアノでは、先生にいつも言われていることを、最近やっと理解できるようになった。

【楽譜通りに音を並べるのではなく、ほしい音を鳴らし、大きくなったり小さくなったり、たっぷりのブレス、音を聴き、小さな演奏にならないこと】

残念ながら、理解はできても実際に出来ないのが悲しいところ。
でも、そういう演奏ができるよう、心がけることはできる。
あと10年後、少しでもステキな演奏ができますように。


ピアノブログのはずなのに、日常のささいな記事の方が多いわけですが、これからもどうぞヨロシクです



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

大人のための、読み聞かせコンサート

今日、大人のための 絵本読み聞かせコンサートへ行ってきた。


IMG_0061_convert_20120513200933.jpg


ピアノの演奏に合わせ、絵本コーディネーター、さわださちこさんが、10冊の絵本を読んでくれた。
今回ピアノの演奏をしていたのが、発表会で一緒に連弾をしてくれたKさんだったので、先生をはじめ、ピアノのお仲間みんなで応援に。


絵本に合わせた選曲は、Kさんによるもので、例えば『ブルッキーの羊』という絵本の時に、ドビュッシーの『ちいさな羊飼い』という感じ。
字で見ると、「それは羊つながりでしょ」って感じだけれど、実際の内容と、語り口、音楽が見事なまで合っていて、彼のセンスのよさがあらわれていた。

大人になると、絵本を見る時に、文章に目がいってしまい、純粋に絵を楽しむことが難しいと思う。
そんな中、ゆったりとした気持ちで、聞かせてもらえたコンサートは、心地よく本当に楽しかった。



その後、皆で食事に行き、おいしいお酒をいただいて帰ってきたけれど、気分はモヤモヤ
発表会から1ヶ月。
私がちっとも進まず、モタモタしている間に、Kさんは10曲もの曲を仕上げていたことに、驚いた。
もともと持っているものが違うけれど、すごいと思った。
そして、私も負けたくない(グズグズしてちっとも進まない自分に、負けたくないってことです)と、ひとり闘志を抱いたのでした



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪5/11

連休をはさんだので、2週間ぶりのレッスン。

ショパンの練習曲は、せっせと練習したけれど、バッハの方は、全然はかどらなくて(汗)
どちらも雰囲気が似ているから?(イヤ、ちっとも似ていない)
片手ずつさらっていると、眠くなる。
もう、弾きたくナイ・・・

そこで、考えた。
正直に、『もうバッハは、フランス組曲は終わりにしたいです!』と、先生に話してみよう~!!


勢いのわりには、先生に話す時、それはそれはドキドキしましたよ。小心者だから。
でも、先生はあっさりと『いいですよ~、他に何か希望はありますか?』と。(ほっ、よかった。)

そこで、私の、弾きたい曲リストを、初めて見ていただいた。(憧れの曲リストの方は、恥ずかしいので見せなかった。)

ちなみに、こんな感じです。

○亡き王女のためのパヴァーヌ
○キラキラ星変奏曲
○トロイカ(チャイコフスキー)
○愛の夢
○ノクターン8番(ショパン)
○ノクターン2番(ショパン)
○舟歌6番(フォーレ)
○前奏曲op23-4(ラフマニノフ)
○アラベスク(シューマン)
○即興曲3番(フォーレ)
○即興曲3番(ショパン)


現時点でのアドバイスをいただき、キラキラ星変奏曲ノクターン2番の、どちらかにしましょう、ということになった。

どちら?
と聞かれたら、それは『キラキラ星』でしょう

フランス組曲5番とはお別れして、次にいきます。
キラキラ星変奏曲。
初モーツァルト。
すごく嬉しい。


では、今日のレッスンの記録です。

■ 練習曲25-2(2回目)

拍の頭にアクセントを付けて、片手ずつの練習をしたけれど、甘かった。
右手は、拍の頭以外のところに1の指がくると、ガタンと落ちて変なアクセントがついてしまう。

それを避けるために、左手のバスを入れて練習~。
あら、不思議。
バスが入るだけで、右手のおかしなアクセントが矯正された。

変なアクセントがつかないように、右手と左手がまったく別の動きを、自然にできるように。ですって。
パッと両手で合わせて弾いてしまいたいけれど、地味な練習をしなくてはいけないのね。
練習は苦ではないけれど、、、、眠くなってしまう。
気を引き締めて、ガンバロウ。


次のレッスンは、1週間後の18日です



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村