レッスン♪11/18

今朝の気温は、マイナス2,3度
さむい~、寒すぎです。

昨日は、和菓子作り教室へ行ってきた。
美味しかったけれど、一日がかりになってしまい、練習が出来なくなりそうでドキドキ。
でも、美味しかったので良しとする

IMG_0078_convert_20111118224424.jpg



さて、今日のレッスンは・・・

■ フランス組曲5番 サラバンド(10回目)

今日は、細かく強弱を直され、丸はいただけなかった。
正確に言えば、強弱ではなくて、なぜここでこの音が欲しいのかと、そいういったお話しだった。
ソプラノの音だけでメリハリをつけず、内声やバスの音をつかおう、そして、拍感を大切に。
でも、もうムリムリ~これ以上は良くならないわぁ~。

普段の暮らしや子育ての中では、決めつけたり、あきらめることはすごくイヤなんだけれど、もうこの曲はイイです。
やはり、バッハは難しいのだと思う。
いつも仕上がりが近くなると、特にそう感じる。
サラバンドは、今まで弾いたことがないぐらいゆっくりなバッハ。ダメ、待てない、前に進みたいの。


これ以上、引きずりたくないから、来週までに何とかしなければ・・・・



■ 舟歌4番(3回目)

中間部の練習方法をほめられ、さらに手がスムーズに進み、最後まで譜読みを進めるように言われた。



そして、話しはステップのことに。

まず先生に、要項の冊子をいただいた。
パソコンのモニターで見るのと違い、いろいろな事が書いてあり、先生が私のステップ参加を検討してくれたことに、感謝。

先生のお考えは、今レッスンしている、舟歌から離れて考えましょう、だった。(ガーン

そして参加するなら、

① もっと簡単で短い曲を2曲、今から練習する

② 今まで弾いたことのある曲の完成度を高める(ショパンのノクターンが有力候補)

暗譜を含め、曲の完成度を高め、ステージでの演奏を満喫しようとすると、そういうことになるらしい。

私は、舟歌を弾きたいのだけれど・・・
さすがにそこまでハッキリと言えなかった、まだ譜読み中だしね。

モチベーションは一気に低下。
でも、来週まで少しでも舟歌が弾けるように、頑張るしかないかな。





先日、載せたハート柄のスカートを今日着たので、載せてみます~♪
コーディネートすると、こんな感じですよ。

IMG_0076_convert_20111118224134.jpg

暗くてよく分からないかな~


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

最近のお買い物

昨日からとても寒く、昨夜は雪が降った。
平年より7日遅い初雪で、去年と同じ日だそう。

IMG_0009_convert_20111116143711.jpg

このイチョウは、目の前の公園で、先週の土曜日(12日)に撮ったもの。
今朝、ベランダから眺めてみると、葉をほとんど落としていた。
冬が近づいているんだと実感。





最近、買ったものを少し載せたいと思う。


IMG_0012_convert_20111116143743.jpg

届いたばかりの、ロシア製のガイガーカウンター。
福島の実家の母に頼まれ、購入。
私が良いと思うものをネットで買い、使い方を覚えたら送って欲しいと、少々ワガママな母。

でも、私には『良い』基準が分からないから、選べなくて本当に悩んだ。
結局、決め手になったのは、丁寧な日本語の取説と、操作が簡単で、低価格なことだった。
原発のことがなかったら、ガイガーカウンターという物自体を、知らなかったと思うと、やはり複雑。
母が満足してくれることを、願いたい。





IMG_0013_convert_20111116143801.jpg

復興ぞうきん。
一枚300円の、こちらのぞうきんを買うと、200円が作った方に直接支払われる仕組みらしい。
少しでも、力になれたらと思い、見かけると買うようにしている。






秋冬物のお洋服は、ワンピースやコートなど、必要なもの(欲しい物?)を買い揃えた。
その中で、お気に入りを2点。


IMG_0014_convert_20111116143818.jpg

ハート柄のスカート。
一目惚れだった。
すごい柄のように見えるけど、着てみると全然大丈夫、ステキなのよ♪

IMG_0019_convert_20111116143833.jpg

黒いファー付きの、ニットポンチョ。
着る物を選ばず、カワイくて、便利で、先週までほぼ毎日着ていた。
この秋、買って一番良かったものかも~。
今週は寒くて、車で外出の時以外は、もう着られないのが非常に残念(T▽T)


これから雪がつもり、厳しくて、つらーい冬になると、結局、ダウンのコートを着て、足下はハンターのこげ茶の長靴になっちゃうのよね。
トホホε=(´ο`*)))
暖かいところに、住みたいなぁ。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪11/11 ステップにでる?かも??

今日は、レッスンの最初に、娘のコンクールへのお礼をした。
計5回の補講をしていただいたので、そのままって訳にもいかないしね。

当日のアドバイザーの先生方からの講評用紙が届いたということで、娘より一足先に、見せていただいた。
そして、来年、娘をピティナのステップに出してみるのはどうですか、という話しになったので、思い切って言ってみた、

『私がでたいです!』って。
(↑意外でしょう?上手く言えないけれど、最近、45歳で死んでしまう夢をみたり、資格取得の為に猛勉強をしている妹を羨ましく思ったり、
 夫にガッカリする事があったりで、何かに、一生懸命になってみたくなった訳です。)

一瞬、固まる先生。そして『考えてみましょうね。』と言われた・・・。

この地区のステップは2月下旬。
あと3ヶ月はある。レッスン中の舟歌4番を、なんとか仕上げて出たい。
一度ステージで弾いておくと、4月の発表会でも余裕をもって弾けそうだし。
先生、『良いですよ』って言ってくれるかな?


では、レッスン日記です。

■ フランス組曲5番 サラバンド(9回目)

強弱をつけることが宿題だった。

今日、注意されたのは、

・フォルテを今以上の音で弾くことはムリだから、ピアノの箇所を優しく弾いてみましょう。
・フレーズの終わりの音は、考えて弾くこと。ドスンとなりがち。

いつも、もっと大きく大きく、と言われているので、ちょっと意外だった。
ペダルを使っていないし、バッハでこれ以上のフォルテは不自然なそうだ。
フレーズに関しては確かにその通りで、着地に大失敗、行き当たりばったりな弾き方だったので気をつけよう。


■ 舟歌4番(2回目)

今回は、転調前の中間部までを両手で練習したので、聴いていただいた。

弾き方に関しては、まだ手が慣れていないし、今の時点で直すことはないと言われ、来週までの練習法と曲についての説明を聞いた。

IMG_0007_convert_20111111222340.jpg

中間部は、右手と左手でメロディをつなぎながら、右手の伴奏がキラキラとすてきな部分だけど、この伴奏が私には難所になる予定。
そこをクリアするための今週の宿題は、ふたつ。①メロディだけをまず覚える ②伴奏を和音でとり耳と手に覚えさせる

前にも聞いたが、先生の中のフォーレは、冷たく澄んでいて、大理石のようにツルッと、ピカッと平なんですって。
そこで、出来るだけ、透明感のある音で弾けるように、止める音よりも抜ける音、
内声もモヤモヤ弾かずスッキリ弾けるよう、これから頑張りましょう、と、言われた。
今までとは、少し違う弾き方を学べるのかと思うと、すごく嬉しい(///∇//)

ステップへの許可をいただくためにも、私のやる気をみせなければ!
いつになく、燃えています



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

娘、1点差に涙する。

昨日、娘は地元の楽器店主催の、ミニミニコンクールに参加した。

このイベントは、コンクールに参加する力がない子にも、人前で演奏する機会を、みたいな位置づけらしい。
アドバイザーの先生方もいらっしゃり、いちおう賞もいただける。

娘は、先生に参加するか聞かれ、『ハイ!出ます!!』と即答だった。
どちらかというと、人前に出るのを嫌がる娘なのに、なぜかステージでピアノを弾くことに、抵抗がない。

子どもに振り回され、一喜一憂するのは、もうこりごりな私。
先生と娘の様子を見守りながら思ったのは、「子どもはこうやってピアノを習うのか」、ということだった。

娘は、「小さなワルツ」という、ト長調、3拍子の曲を弾いた。
両手のバランスをとるために、右手は硬くグーにして、左手はフラフラにする練習をしてから(小さい子にはムズカシイ)、メロディと伴奏を弾き分ける練習をした。
右手のメロディはハッキリと歌い、左手はデコボコせずにやさしく鳴らせるように。
モコモコした音ではなくポーンと響く音で、強く、優しくを弾き分けられるように、この1週間で娘は4回レッスンを受けた。

曲を仕上げるために、妥協しない先生。
そうかぁ、こうやってピアノって弾けるようになるんだと、思った。
私と娘は、同じ先生に習っているけれど、指導されている内容は同じ。
ブレス、大きいと小さいのコントラスト、音色の弾き分け、などなど。
娘はいつまでピアノを続けるか分からないけれど、これからどうなるのか、少し楽しみ。

さて、結果はと言うと、2位に1点差の3位だった。
入賞は2位までだったので、娘は賞状をもらうことができなかった。
算数が得意じゃない小1の娘でも、1点差は惜しいと気がついたらしく、帰宅後に涙がポロン。
娘にとって、とても良い経験になった(^_^)

そうそう、記念品でいただいたのが、先日の記事に書いた、ブルグミュラーのノートだった!

IMG_0006_convert_20111107215041.jpg

娘は「ママとお揃い~♪」と、大喜び。

さぁ、私も頑張らなくちゃ。
娘に触発され、今日はいつになく、たくさん練習できた(^_^;)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪11/4

今日は、2週間ぶりのレッスンへ。

IMG_0001_convert_20111104182924.jpg

↑こちら、楽譜に見えるでしょう?
でも違うの。全音の楽譜柄のクリアファイルと、ブルグミュラーのB5サイズのノートです。
先日、先生が使っているのをみて、『ステキ♪私もほしいです~』と話していたら、先生が私の分を買ってきてくれた。
小さなノートがあるのは知っていたけれど、こんなに実用的な文具まであるとは知らなかった!
持っているだけで、気分が上がる感じ♪大切に使おう。


■ フランス組曲5番 サラバンド(8回目)

宿題だった装飾音は無事に入れることができ、直されなかった^^
ただ、装飾音のおかげでメロディが賑やかになったので、そのぶん左手の音をもっと出して弾くようにと。

そして、次の宿題は、先生にお借りした楽譜を参考に、強弱などの記号を写し、練習すること。

装飾音が入り強弱がつくと、これでやっと、曲らしくなるはず。
あと少しで合格できるかな?!


■ フォーレ 舟歌4番(1回目)

念願かなっての、舟歌4番の初レッスン。
この曲に初めて出会ったのは、2006年、NHKのスーパーピアノレッスン、ミシェル・ベロフの「フランス音楽の採光」だった。

IMG_0002_convert_20111104182941.jpg

取り上げられていた曲は皆難しくて、聴くだけ(観るだけ?)だったが、この舟歌4番に心惹かれた。
変イ長調、アレグレット、8分の6拍子。
やさしく揺れる舟歌のリズムに、おだやかで、のびやかなメロディがのり。
決して派手な曲ではないけれど、私のツボにみごとにはまり、いつの日にか弾きたい一曲となった。


今日は、中間の転調前まで、片手ずつをみてもらった。

両手で合わせる前に、片手で曲想を付けて完璧に弾けるようにしたほうが、その後の進みが早いということで、片手ずつ、細かく弾き方を教わった。

1小節の中で、大きくなったり小さくなったり、決める音や抜く音などなど、舟歌らしく弾くポイントを教わった。
こんなにたくさんの事を、来週までにできるようになるのかしら。
先生曰く、「レントよりおそく」より簡単だと思いますよ、とのこと。
弾きたかった曲だし、年内中に(レッスンはあと6回!)通して弾けることを目標に、ガンバるぞ~!!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村