レッスン♪7/8 流れにのる

先週の金曜日、7月8日のレッスン日記デス♪

■ フランス組曲5番 ブーレ(7回目)

とりあえず弾けるようになったので、表情をつけて弾く練習をした。
言われたとおりに、すぐにはできないワタシ~(汗)
楽譜に細かく書いてもらい、家での宿題になった。

■ 詩人のハープ(8回目)

目標のテンポまで上げられなかったので、安全なテンポで、強弱をつけて丁寧に弾いてみると・・・

何がしたいか良くわかる演奏だけど、流れにのれると、もっといいわね。
やっぱり、テンポを上げないとだめね。と、先生。

テンポを上げるためには、今ほど大げさな強弱はしなくて良し。
部分練習でテンポをしっかり上げる。
ヒジの力を抜き、手首ではなく指で弾くこと(特に左手)。
そして、流れにのって弾く!

仕上がりまであと一息だから、楽しみにしています。と言っていただけたので、頑張らねば♪
この曲が丸をもらえたら、新しい曲は、私が弾きたい曲を先生に話してみようと思う。
なんて言われるか、今からドキドキ。






今日は、朝から地震があってビックリ。
津波がこなくて、本当によかった。。。。

IMG_0002_convert_20110710212702.jpg


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

急性アレルギー性結膜炎!!!

それは、昨日の午前中のこと。

ソファーの座面を外し掃除機をかけていたら、「あれっ?!左目がかゆ~い?!」と思い、目をこすってしまった。

そうしたら、みるみる目の周りが腫れ上がり、白目の結膜がどんどん盛り上がって、黒目が陥没しているではないか!!!

もう、驚いたのなんのって、このままだと目が落ちるかもしれないと思い、大慌てで家から一番近い、女医さんのいる眼科へ駆け込んだ。

先生はひと言、『まぁ、急性のアレルギー性結膜炎ね。すぐに良くなるから大丈夫よ~。』

こんなにまぶたが腫れ上がり、結膜が腫れてダラリンと目から飛び出してしまい、お化けのような顔になってしまったのに、結膜炎なの?!

流行の結膜炎のように、感染性のものではなく、空気中の何かに反応したらしい。
小さい子が、汚い手で目をゴシゴシこすると、こんな風になるらしい・・・

目を開けていることも、閉じることもできない状況だったので、眼帯をされ目薬を処方され、終了。
目に違和感があると、こんなにツライとは知らなかった。

その日の予定をキャンセルし、帰宅後はじっと横になり、目の腫れがひくのをひたすら待った。
顔を動かすのもつらくて、ご飯も食べたくない。
完全に病人モード。
でも、眼帯をしてピアノを弾いたことがないなぁ、と思い弾いてみたところ、片目だと酔うことがわかりすぐにやめた。

その後、夕方になり眼帯をはずしてみると、結膜(白目)の腫れは半分ぐらいになっていた!

そして、今朝になったら、目の周りはまだ腫れているけれど、結膜はすっかり元に戻った。
先生が、すぐによくなるとおっしゃたのは、本当だったのね~☆

目が落ちそうで、本当に本当に怖かったけど、一日で良くなることがわかって安心した。
今度、結膜炎になっても、大騒ぎしないですみそう。
・・・・その前に、目はこすらないようにしましょう(汗)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

血液型?出身地?

新聞やテレビで報道されている、復興担当相の放言の数々。

被災県に住む身としては、あり得ない、信じられない、怒りが込み上げてくる。
叱咤激励、という意味もあったらしいけど、天災は誰の責任でもないわけで、叱咤される筋合いはない。

その後の言い訳に、また呆れた。
B型だから?
九州男児だから?
そんなことは、関係ないでしょう。

B型の方にも、九州の方にも、被災地の方にも、失礼千万です!!



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪5/27~7/1 6回分まとめて

更新できないまま時は過ぎ、レッスン日記は6回分たまってしまいました~(汗)

■ フランス組曲5番 ブーレ(6回目)

フランス組曲からは、ゆっくりで3声のサラバンドと、早い2声のブーレのどちらかを選んで弾くことになっていた。
私は、2声の方が楽かも・・・という安易な考えでブーレを選択。

しかし・・・
譜読みも楽で、30小節の短い曲なのに、なかなか思うように手が動かず、悪戦苦闘。
どうしても止まってしまう箇所の、指づかいが悪いことに今ごろ気がつき・・・
あんなに丁寧に片手ずつ音をとって練習したのに、適当な箇所があったのだと、反省。

宿題は、指づかいを直すことと、右手は明るく!左手は遠慮せず鳴らす!!こと。
合格までは、まだまだかかりそうデス。


■ 詩人のハープ(7回目)

かれこれ弾き始めてから2ヶ月近く経ち、やっと音が手に馴染んできた。
(そして、それと同時に、あんなに練習したレントよりおそくの音を忘れてしまった。弾けなくてビックリ。)

この曲はハープとあるし、Presto e molto vivace なので、流れるような伴奏(内声)の上にメロディがのってほしい。
でも、早く弾くと指が滑ってしまい、リズムがこわれてしまう。

先生は、ゆっくりでも3声の音色に変化を持たせて弾けていれば良いと言うけれど、どうしても妥協したくない私がいる。
少しでもいいから、早く弾けるようになりたい。

だって私、ゆっくりな曲は間が取れず、早い曲は指がまわらず、だと、曲の選択肢が狭まるばかりなんですもの。
ちょっと無理してでも、ガンバってみようかな~、と思う今日このごろ。

というわけで、目標4分音符=66でガンバっています。
(↑早くないけど、私の手の限界と思われる・涙)

次回のレッスンは、8日金曜日。
8月のお盆休み前には、仕上がるようにガンバリます♪



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村