レントよりおそく(リハーサル編)

28日の、リハーサルの記録デス。

持ち時間は一人10分程度。
会場には順番待ちの方が数名いらして、なぜかすごーく、これでもかと言うほど緊張してしまった私。

一度弾くと・・・普段は間違えないところで止まり、手が震え、フォルテにはならないし、もうボロボロ。
先生は『緊張しましたネ』とニッコリ。
何点か注意をいただき、もう一度。
二度目は少し落ち着いて演奏することができた、ケド・・・・あまりの酷さにさすがに凹んだ。

先生からの注意は、

・音が自分に戻ってこなくて不安になると思うけれど、練習通りに弾けば、キチンと強弱もついて聴こえるはずだから大丈夫
・本番では2回目の演奏を目指し、忘れないこと
・ミスしても冷静に対処できていたので安心した

帰宅後は怖くて録画を確認することもできず、昨日の朝になり、勇気をもって見てみた。

・止まってしまったり、弾き直した時は、心臓が止まりそうなぐらいビックリして、長い時間に感じたけれど、聴いているとそれほどではなかった
・左手の音を覚えていない?

リハーサルでこの調子じゃ、本番はどうなるのか?!

二回目の演奏デス↓
スタート直後、10小節で止まります。笑ってネ。(最後には娘も映り込んでいます)
[広告] VPS


発表会まであと4日!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ホールで練習♪

今日は生まれて初めて、ホールでピアノの練習をしてきた。
少し離れたところにあるこのホールは、現在キャンペーン中で、スタインウェイとベーゼンが用意されたステージで、
1時間単位で格安で練習することができる。

発表会までに、一度は広いところでフタを開けた状態で練習したいと思っていたけれど、リハーサル室のように閉鎖された空間は、
地震を考えると怖いなと思っていたら、先日のレッスンの時に、先生にこのホールのことを教えていただいた。

IMG_0029_convert_20110426200630.jpg

案内され入ってみると、800人ほど入る奇麗なホールに、ピアノが2台用意されていた。
だーれもいないホールで、ピアノを独り占め!
なんて贅沢なんでしょう!!


家ではこんなに集中できないだろうな、っていうぐらい、あっという間の1時間だった(2時間借りなかったことを後悔)。
やはり広い場所だと音が散ってしまい、私の強弱なんでぜ~んぜんダメ。
先生が2割増で・・・と話していたのがとても良くわかった。

最後の10分は、ハンディカムで録画をしてみた。(←録画すると一気に緊張モードになる小心者のワタシ)
家で確認したら、右手と左手がビミョウにズレていて、もうビックリ。
あとは、フォルテの音は汚いし、全体的に余裕がなくガツガツした演奏だった。

こうして自分の演奏を確認できて、良かったと思った。
家での録画とはやっぱり違うし、練習するポイントがわかったしね。
木曜日のリハーサル後、もう一度ホール練習しようと思い、帰りに予約をしてきた。今度は日曜日に、2時間。

記録用に、今日の演奏をアップしたかったけれど、ハンディカムからパソコン(マック)に、どうやって映像を取り込むかわからず、ギブアップ(汗)
とりあえず練習を優先させて、調べるのはそのあとかな~。

発表会まであと6日!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪4/22 最後のレッスン

前回のレッスン日記では、ご心配をおかけしました。
おかげさまで、吹っ切ることができ、元気になりつつあります。

あの後、先生にメールで気持ち(ショックだったこと、発表会は参加せず、レッスンはしばらくお休みしたいこと)を伝え、
月曜日に直接お話しをしてきました。
先生に、とても申し訳なかったと謝られたら、かえって申し訳ない気持ちでいっぱいになり・・・(涙)

まとめてみると・・・
・私の思っているような自己流では決してない。
・小さな子、学生さん、音大受験生、大人の生徒さん、それぞれの音楽の楽しみ方、関わり方があるけれど、指導に差はつけていない。
・地震の後からの私のやる気のなさに、発表会前ということもあり、焦りを感じていた。(←これが一番だと感じた。先生をイライラさせてしまったのだと思う)
・以前の活気ある演奏をしてほしかった。

そして、発表会のことについては、
4ヶ月準備したのだから、ステージでぜひ弾いてほしい、
(私は娘と連弾するので)今から先生と連弾を練習するより、やはりお母さんとの方が良いと思う。

結局、娘との連弾のことで気持ちが揺らいでしまい、しばらく考えさせてください、と話し帰ってきた。
それから二日、悩みに悩んで私が出した答えは、発表会には出る、でもその後のレッスンはお休みする

たくさん悩んだせいか、答えを出したら急に気持ちが軽くなり、最後となる今日のレッスンに向けて、猛練習することができた。



以下、今日のレッスン日記デス。

■レントよりおそく(最後)

強弱やテンポの細かい修正をしてもらった。
アパッショナートの部分については、手のストレッチは頑張ったものの、オクターブの手が広がらずミスしてしまうので、
落ち着いて、確実に、音を絶対に外さないように、ゆっくり目に弾き、音量で頑張る方向に、変更した。
ここは一つの山場だし、思ったように弾けなくてとても残念。

全体的には、今、自分がどんな風に弾きたいのかが聴き手に伝わるように、遠慮しないで、2割り増しで大げさにがんばりなさい、
とアドバイスをいただいた。


今日のレッスンは、曲が仕上がっていくのが分かり、とても(フツウに)楽しかった。
これで最後だと思うと、寂しいという気持ちもアル。


28日(木)には、ホールでのリハーサルがある。
あと一週間、できるだけの努力をしようと思う。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

夫が見た宮古

先週末、宮古市で日当直をしてきた夫が、写真を撮ってきて見せてくれた。
一ヶ月を過ぎたのに、まだまだ大変なんだなと思った・・・

写真を数枚借りたので、載せてみます。


IMG_5915_convert_20110418205716.jpg

IMG_5923_convert_20110418205735.jpg

IMG_5924_convert_20110418205752.jpg これはフェンスじゃなくて、線路です。

IMG_5945_convert_20110418205902.jpg

IMG_5856_convert_20110418205201.jpg

IMG_5860_convert_20110418205237.jpg

IMG_5882_convert_20110418205300.jpg 一度乗ったことがある、浄土が浜の遊覧船。

IMG_5883_convert_20110418205323.jpg

IMG_5895_convert_20110418205659.jpg


沿岸に向かって車を走らせると、『三陸大津波はここまできました』と看板が立っている。
見かけるたびに、「ここまでって、あり得ないよね。」と話していたけど、今回の津波はそれを上回る規模だったなんて・・・信じられない。

ここ数日、身体に感じる地震がまったくない。
揺れるのはイヤだけど、こんなに静かなのはかえって怖い。
夫は明日も沿岸の被災地へ行く。
大きな余震がきませんように。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

新しい自転車

娘が一年生になったら、絶対に買おうと思っていたもの。
それは、自転車。

IMG_0020_convert_20110417224126.jpg

ずっと欲しかった、私用の小型の自転車をついに購入♪
春だし、雪もとけたし、ガソリンを使わないし、これからは自転車に乗ることにしよう。


今日は風が強かったけれど、お天気がよかったので娘の自転車遊びに付き合った。
娘はひとりで公園の中をグルグルと自転車で走ること(もちろん私の視界の範囲で)、3時間半!
時間つぶしに持っていった本を一冊、読み切ってしまった。

IMG_0022_convert_20110417224231.jpg 

今年の本屋大賞を受賞した『謎解きはディナーのあとで』。
息子が読んだらおもしろかったらしく、「ママも読みなよ!」と押し付けられた。
軽いタッチのお話しで、6つの短編からなっているが、進むにしたがい謎解きが難しくなり楽しく読めた。
ちなみに、私はひとつしか謎が解けなかったデスよ(汗)


外で本を読んだり、ボーッと空を眺めたりして、少し気分転換ができた感じ。

IMG_0025_convert_20110417224159.jpg

春はもうそこ!
ガンバレ、私!!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪4/15 自己流

4月15日のレッスン日記です。(4日、11日のレッスン日記は省略デス)

大震災の日の午前中のレッスン以来、5週間ぶりに先生のお宅でのレッスンとなった。
一度弾くと、先生から、半ばあきれ顔で『自己流ですね』とのコメントをいただいた。

【自己流】他人から指導されたのではない、また世間一般とは違った、自分一個の流儀・しかた

どう考えても、私の、この状況での【自己流】は良い意味ではない。

頭を殴られたような衝撃だった。
自己流に陥らないようにレッスンを受けていて、毎回気をつけることを確認し、私なりに練習していたから。

「ハイ、最初から弾いて」と促され、ショックを受け頭が回らないまま弾き始めたけど、ダメだった。
気がついたら泣いていて、弾くのをやめて思いきって先生に聞いてみた。

『私は先生に言われた通りに練習しているのに、どこが自己流で、いけないのかを教えてください』と。

別に悪い意味ではなく、ダメとも言っていません、と至極冷静な先生。
その後、いろいろと説明してくださったけれど、混乱してしまいよく覚えていない。
もう、ちっともわからない。

自己流の演奏・・・私が人前で演奏したら恥ずかしいヨ、って言われているようだった。

だからこんなにショックをうけて、悲しいんだと思う。
前回でのレッスンでのしこりも残っているから、余計に衝撃が大きかったように思うし。
ピアノが大好きだし、生活の一部で、私のできる範囲で一生懸命だったのに。

先生の思うようには弾けないし(←大体にしてこの考え方に無理がある)、もう、レッスンも、発表会もやめようと思う。

こわくて弾けない、弾きたくない。

月曜日に娘のレッスンで先生に会うから、その時にやめることを話すけど、明日、一度、私の気持ちをメールで伝えようと思う。
面と向かって話すと、感情的になってしまい(私の場合は泣く)キチンと話せない可能性があるから。


このまま逃げ出していいの?と問う私がいるのも事実。
でも。
それ以上に自己流はキツかったナァ。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

震災から一ヶ月

3月11日の東日本大震災から、今日で一ヶ月がたった。
早かったのか、長かったのか・・・でも、生活が変わってしまったのは確か。

そのつどブログに書こうと思いながらも、気力がなくて書けなかった日々のコマゴマとしたことを、まとめてみた。





子ども達のこと。

息子は中学を卒業し、娘は幼稚園を卒園した。
中学校の卒業式は簡素化されて行われたけれど、卒業生160名が一人ずつ卒業証書をいただけて良かった。
最後のホームルームは時間が決められていて、涙のお別れが、違った意味で寂しい別れになった。
担任の先生は、『命・時・人』の3つを大切に生きるように、震災の復興を頑張るのは大人になった君たちだと、話してくださった。

卒業式が震災の影響で重なってしまった子ども達だけど、今度は入学式も重なってしまった。
午前中が娘で、午後が息子。
夫が仕事を抜けられなかったため、娘は自分の入学式で疲れた後、お兄ちゃんの入学式にも付き合わされ、クタクタでかわいそうだった。
そしてこの日の夜、大きな余震で停電になり、翌日は二人とも初登校のはずが臨時休校になってしまった。

そして今日、やっと二人とも初めて登校することができた。
地震から一ヶ月、お稽古ごとや様々な予定が中止になり、私+子ども二人の三人で、ずーーーっと過ごしていたから、
今日、私は一人きりになれて本当に嬉しかった。
いくらかわいい子でも、ベッタリは疲れる。

IMG_0012_convert_20110411205546.jpg

春の冷たい雨の中、登校する娘。ランドセルの上に、体操服の入ったリュック型の巾着を背負っている。


娘を送り出した後に、私が絶対にしなくちゃいけなかったこと・・・それは、おひな様をしまうこと!(呆れたデショ)
実家から来ていた母に、おひな様を見せてから片付けようと思っていたら、地震が起き、片付ける気力もなくなり、ついに今日になってしまったぁ!!
娘の婚期が遅れたら、きっと私のせいだと思う(汗)

IMG_0013_convert_20110411205632.jpg


おひな様を片付けた後に、今度は息子の兜を飾った。
こうやって飾るのも、これで15回目。大きくなったものだわ。
今年は高校受験に失敗したけれど、3年後は笑えるように、マイペースな性格を修正するところからやってほしい。





私のこと、など。

私は、地震後に食欲不振で2キロ痩せた。
それなのに、先週の余震で停電した後から食べたい欲求に襲われ、この数日であっという間に2キロ戻ってしまった。
とても残念。

スーパーやコンビニには、商品が戻りつつあるけれど、棚がいっぱいになることはまだない。
ガソリンは、3週間を過ぎたころから行列ができなくなり、我が家でも入れることができた。
そうそう、悲しいことに、以前、記事にも書いたガス爆発が起きた百貨店は、倒産してしまった。


3年使った携帯電話(右側)を、先週、機種変更をした。(震災割引でおトクだったの)

IMG_0001_convert_20110411205513.jpg

ピアノは・・・ボチボチ弾いている。
今日は、近所のレッスン会場でレッスンを受けた。
先生に、ガソリンが手に入ったのだから、金曜日に自宅にレッスンに来るように言われた。
4日しかない、明日から本腰を入れて練習しなくちゃ。





今日、午後2時46分に、娘と息子と三人で、黙祷をした。
被災地が今までの生活に戻るには、大変な時間がかかると思うけど、一日も早く平穏な日々が戻りますように。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

電気が戻った!

今日の午後の2時頃に、電気が復旧しました。

オール電化マンションなので、電気が止まると、水も火も使えなくなりとても不便です。
(大震災の後、カセットコンロとボンベを用意したので助かったけれど)

思ったより早く復旧しホッとしたけれど、とても長い一日でした。

普通の生活が、なんてありがたい事か!
今夜は、余震がありませんように・・・

地震、そして停電

携帯からの更新です。

先ほど、11時半頃に強い地震がありました。とても恐かったけれど無事です。ただ、また停電になってしまいました。

昨日7日は、子ども達の入学式で(また重なった)、今日から登校だったのに…どうなってしまうのでしょう。
今夜は夫が当直でいなくて心細いけど、朝になるのを待ちたいと思います。
停電が早く復旧しますように…。

気分がのらないわけ

発表会は5月に延期になったものの、
相変わらず、ピアノへの気持ちは下がったままで、いちおう練習はしているけれど、ぜんぜん楽しくない。
地震のショック以外で、気持ちがのらないわけに心当たりもあり・・・今いちど整理してみようと思う。

それは3月11日、地震が起きる4時間前のレッスンでのこと(地震のため、この日のレッスン日記は書いていない)。

あの日は、先生のレッスン室の機材で録音をしてもらい、一緒に聴き、確認するというレッスンだった。
いつもと違う状況で、練習なしでの録音だったので、もちろん緊張したし、予定通り?のところでミスもした。

録音を一緒に聴いた先生は、
『ハッキリ言って、あと2週間練習しても、本番はこんなものだと覚悟した方がいいです。あまり変わらないと思います。』とバッサリ。

とてもショックだった。

発表会まで2週間、一生懸命練習すれば、もっとよくなるはず!と思っていた私。
しかし、2週間練習しても、変わらないという先生。

では、どうすればよいのですか、私は。
ここで突き放されても・・・・。
完全に、心のよりどころ?目指すものを見失ってしまった。

その後は、練習していても、
『こんなに練習しても、私が上手く弾けるはずないし』としか考えられなくなってしまった。←超マイナス思考だとわかってはいる。

私は、自分が、みんなが気の毒に思ってくれるほどヘタクソなことを、よーーーく知っている。
だからこそ、少しでも努力して、頑張ろうと思っていた(努力すれば結果がついてくると思っていた)。


先生には、どういう心づもりで練習に取り組み、発表会へ向かえばいいのかを、教えてもらいたかった。
私は、失敗してもそれはそれで良し、と思っていたけれど、それではいけないの?


なにが楽しくて、あんなに盛り上がって練習していたのか、ちっとも分からなくなってしまった。
そろそろ、弾く方ではなく、聴く方にまわる時がきたのかな。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村