レッスン3/28 下手なのは体調のせい?

地震後、一度もガソリンを入れられず、灯油もない我が家。

ガソリンがなく先生のお宅へレッスンに伺えないし、発表会に出ないからいいやと思い、レッスンはしばらくお休みする予定でいたけれど、
発表会が延期になり参加することにしたので、どうしたものかと思っていたら、
先生が私の家の近くのレッスン会場でレッスンをする時に、見てもらえることになった。

先週からの発熱で、体調がすこぶる悪い私。
でも、月曜にレッスンできます、と言われたので、咳をゴンゴンしながら薬を飲んで行ってきた。

この会場は、とても小さな部屋に、小さなグランドが入っている。
エアコンがガンガンで、ボーッとした頭がさらにボーッとなり・・・。
先生に、体調が悪いことと、咳が出るのにマスクを忘れたことを謝り、レッスンスタート。

レッスンは、レントよりおそく、のみ。

一度弾くと、『ペダルが変ですよ。』と。
いつも通りふんだはずなのに、深くふみすぎていることと、タイミングがずれていることを注意され、もう一度。

すると、『今日、お薬を飲んでますか?注意したのに、こんなにタイミングがずれるのはおかしいですヨ。』と・・・

う~ん、たしかにレッスン開始後から体温が急上昇で、気分はお湯に浸かりながら弾いている感じ?
でも、ペダルが変なのは体調のせいだけではないような・・・。
慣れないピアノと、小さな部屋で先生がとても近くにいて(視線が痛いぐらい)変に緊張したことと、
練習不足と、私のやる気のなさもあるような。(←モチベーションは低いまま)

結局、『今日はもう帰って休みなさい、明日以降練習する時にペダルのことを思い出してね。』ということで、
レッスンは15分足らずで終わってしまった(トホホ)。

次回のレッスンは4月4日、月曜日。またこの会場で。





私が風邪をひいた原因のひとつに、寒さがあると思う(あとはストレスかな)。
普段リビングでは、エアコンとファンヒーターを使っているが、地震後は灯油を買えずエアコンだけで過ごしている。
さむーい当地で、エアコンだけは非常に厳しい。
おまけにリビングの大きな窓は北西を向いていて、日差しが入らない。
ブクブクになるほど着込んで、背中にカイロも貼っているけれど、それでも寒い。

今、いちばん欲しいもの、それは間違いなく灯油。ガソリンは、車に乗らなければ済むから、まだ我慢できる。

スーパーやコンビニの棚がガラガラなのも見慣れ、今日手に入る物でその日食べることができれば良し、と言う感じの毎日。

先週、関西に避難した母は買い物に行き、明るい店内、溢れんばかりの食べ物を見て、本当に驚いたと話してくれた。
盛岡とは別世界だよ、と。
ここにいた時に、苦労して一緒に買い物をしたから、余計にそう思ったのかも。

そして今日、母から山のような食料品が宅急便で届いた。
中には今、ここで手に入らないもの、カレーのルーやウインナー、豆腐、納豆、もやしまで入っていた。
(私は徒歩で行ける近くのスーパーのことしか分からないけれど、遠くのスーパーにはあるかもしれません。)

大切に食べようと思う。
お母さん、ありがとう。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

発表会、延期になる

『3月27日の発表会は、5月3日に延期しました』と、先生から連絡をいただいた。
27日の発表会は、私は不参加としたけれど・・・5月には、事態が少しでも良くなっていることを願い、参加することにした。

そして、近くのレッスン会場でレッスンをするから、顔を見せるだけでもいいからくるように言われ、娘と短いレッスンを受けてきた。
地震のあった日の午前中にレッスンを受けてから、2週間近く一度もピアノを弾かなかったけれど、意外と音って覚えているものね。

先生からの注意点は、

♪しばらく弾いていなかったから、指先に力が入っていない。

♪全体の流れを考えるよりも、やらなくちゃいけない、さまざまな指示を一つずつクリアすることに意識をむけること。

♪時間はあるから、本番に向けて気持ちを盛り上げていくこと。(←これが一番ムズカシイ?)

レッスン中も強めの余震があり、飛び上がりそうになったけれど、先生から弾き続けるように言われ・・・
冷静な先生にビックリ。
こんなに動揺しているのは私だけ??





息子の卒業式に参加するために来ていた私の母は、今日、花巻空港から関西に住む私の妹の家に飛び立った。
福島の実家で一人で留守番をしていた父は、先週、一足先に妹の家に。

実家は、福島原発から60キロ離れているから大丈夫だと思うけれど、父と母は念のため、しばらく避難することになった。
自分の家に戻れなくなったらどうしよう・・・という母の猛烈な心配は近くにいると伝染するらしく、
私の気持ちがパッとしない原因の一つだったのかも。

2週間居た母がいなくなり、寂しくないと言えばウソになるけれど、今までの生活に戻す良いキッカケになりそう。
さっき、ピアノの上に積もったほこりをはらった。
さぁ、少し練習してみることにしよう。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

発表会は、不参加にしました。

一週間後にせまっていた発表会は、参加しないことにした。

昨日、先生から今日(金曜日)のレッスンについて連絡をいただいた時に、今の気持ちを伝えた。

いろいろな考え方があると思うけれど、私の中では、今はピアノを弾いている場合ではないと思っていることを。


ガソリンがないため、レッスンに行けないこともあるけれど、しばらくレッスンもお休みすることに。

楽しい気持ちで、はつらつとピアノが弾ける日が、早くきますように。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

百貨店、爆発

昨日14日の朝8時頃、私の住むマンションから150メートル離れたところにある百貨店が、爆発した。
家の周りの道路は封鎖され、救急車と消防車が激しく行き交い、一時あたりは騒然となった。

地下で爆発が起き、4つある入り口が吹き飛び、1名が亡くなり、11名がケガをされたそう。
現在は建物が崩壊の可能性もあり、原因の調査はできていないが、ガス爆発らしい。

商店街の中にあるこの小さな地元の百貨店は、私がほぼ毎日食料品を買いに通い、
生活する上でなくてはならないお店だっただけに、とてもショック。

この前日(13日)に数時間だけ、一階と地下の売り場が営業された時に、私は母と娘と2時間がかりで買い物をした。
この時に爆発が起きていたらと思うと、恐ろしい・・・




息子の卒業式はまた延期になり、週末の娘の卒園式の日と重なってしまった。
身体はひとつしかないから、どちらかの卒業式にしか参加できないわけで・・・
娘の卒園式は残念だけど、私は息子の卒業式に参加したいと思っている。

今日はリハーサル室を借りる予定だったので、卒業式も延期になったことだし、ピアノの練習に行こうと思うと話したら、
夫と母に、緊急地震速報が出るかもしれない時に、何を考えているんだと叱られ、あきらめた。





夫は勤務している病院から、被災地に派遣されることになった。
とりあえず生活ができている私達にできる事は、なんでもしたほうがいいと思う。
夫には気をつけて、頑張ってきてもらいたい。

ライフラインは確保されたものの、今後の物資の不足を考えると不安になる。
コンビニやスーパーは、品切れのために閉店してしまったお店が多い。
ガソリンスタンドも同じで、地震直後に3時間並び10リットルの給油をしたと、友人は話していた。
我が家の車は不幸なことに、地震発生時に給油の赤ランプが付いていて、ガス欠の恐れからスタンドに並ぶ事もできなかった。
この日、ピアノのレッスンに出かけるのに車をつかったので、その帰りに給油してこなかった事が悔やまれる。
灯油も、ファンヒーターに入っている分でおしまい。





福島の原発は、ますます深刻な事態になっているし、一人でいる父のことも心配。
今までの生活に戻るのに、いったいどれぐらいの時間がかかるのだろう・・・


地震後、発表会・・・悩む

巨大地震から3日、テレビで繰り返し放送される被害の大きさに、涙がでてしまう。

盛岡は内陸のため、被害が少なかったけれど、ここからわずか100キロしか離れていない沿岸での被害のことを考えると・・・
友人の中には、ご実家や親戚の方と連絡がつかない人もいて、言葉のかけようもない。





そんな中、ピアノの先生から一斉メールが届いた。

安否確認とともに、
地震が落ち着いたら発表会に向けて練習を開始することと、
こんな時だからこそ、発表会を開催します。。。と書いてあった。

正直、驚いた。
発表会は27日で、ちょうど2週間後だけれど、発表会をやるんだ・・・


この危機的状況下で、ステージでピアノを弾き、拍手をパチパチもらって、それでいいのかしら・・・

楽しみにしていた発表会だけれど、どうしたものだろう。





実家から来ている私の母は、新幹線が復旧するまで盛岡にいることになった。
そして福島の実家で、ひとりぼっちになってしまった父のことが、とても心配。


大きな余震がやってくるとの報道もあり、不安な日々は続きそう。




地震、ライフライン復旧

昨日、11日の地震は、私の住む盛岡では震度6弱だった。

延期になってしまったけれど、本当は今日、12日は息子の卒業式で、昨日は私の母が実家から来てくれていた。

娘と3人、仲良くトランプをしていたら、携帯から聞き慣れない音が鳴り、見ると緊急地震速報だった。
あっと思った時には、グラグラと揺れ始め、立っていられなくなり、慌ててヒーターを消し、母と娘と3人で玄関に。

いつまでたっても激しい揺れはおさまらず、夫の書斎から掛け時計が落ち、揺れで廊下までガラスが飛び散り、そして停電に。
本当に恐ろしかった。

停電と同時に水道もでなくなってしまった。

そのまま夜になってしまい、暗闇の中ひっきりなしに続く余震に怯え、じっとラジオを聞きながら、一晩眠れなかった。

朝をむかえても電気が復旧する見込みはなく、水汲みと買い出しに走りまわることに。

午後は、県庁へテレビを見に出かけ、初めて知った災害の規模と映像にショックをうけ、泣きそうになってしまった。

今夜も寒さと暗闇の中、眠ることを覚悟していたら、18時10分、電気が戻ってきた。
それと同時に水道も出るようになった。

明かりがともり、温かいお茶を飲めた時には、心の底からホッとした。


沿岸での被害を思うと、心が苦しい。

IMG_0019_convert_20110312200543.jpg
商店街の時計は、地震の起きた時間で止まっていた。


IMG_0021_convert_20110312200729.jpg
岩手県庁前。

炊飯器、その後

以前、炊飯器が壊れた記事を書いたけど(過去記事→こちら)、その後どうしていたかというと・・・
あれから約40日間、朝晩1日2回、ずーーっとお鍋(ルクルーゼ)でご飯を炊き続けた私(エライ?)。

手間はかかるけど、お鍋で炊いたご飯は美味しくて、このままずっと炊飯器はいらないかなぁ~と思ったりもしたけど、
ついに先週末、新しい炊飯器を購入!

私は毎朝、息子のお弁当を作っているけれど、朝起きた時にタイマーでご飯が炊けれいる事のスバラシさに、やっと気がついた。
たとえ寝坊をしても、ご飯さえ炊けていれば(超手抜き)弁当を息子に持たせられるけれど、ご飯が炊けていないと、そうはいかず・・

この40日間で、私の寝坊が原因でお弁当が間にあわず学校に届けた日、実に5日!
午前中の貴重な時間がもったいない~!
事務室でお願いするのも、毎度だとかなり恥ずかしいし

もうこれ以上は炊飯器なしじゃ絶対にムリ、頑張れない~と、ギブアップした。

新しい炊飯器は、スイッチひとつで美味しく炊けるし、快適~。
すぐに買わなかった事を、今さらながら後悔。

IMG_0063_convert_20110228211633.jpg

サンヨーの圧力IH炊飯器「おどり炊き」、これからお世話になりマス♪






今日、はじめて『レントよりおそく』を録画し確認してみた。
あまりのヘタクソさに驚いた~。
一番気になったのは、アパッショナートのところ。
指のストレッチに励んではいるけれど、オクターブの箇所は音が鳴らずかすれかすれで、貧相な雰囲気

ブツブツ言ってもしかたがない、少しでもよくなるように、ストレッチと練習をしなくちゃ!
発表会まで、あと25日!!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村