娘、五歳児受験 特別講座へ行く

来月の初めに、小学校受験を控えている娘。

受験を決めたのは、今年の夏。
つい、4ヶ月ほど前のこと。

試験は難しくないらしく(ペーパー問題はナシ)、基本的なことさえ出来ていればいいらしい。

とはいえ、対策しないのは不安だし・・・と思っていたら、

近くの幼児教室で、5歳児受験 特別講座があることを知り、さっそく申し込んだ。

その時に、念を押して聞いたことは、お勉強をしたことのない娘が飛び込みで参加して、大丈夫なのかということ。

我が家では、年齢相応のことが出来ればよいと考えているため、娘はピアノとバレエのおけいこに通うだけで、幼児教室などには行かせていない。

対応してくれた先生は、大丈夫ですよ、とニッコリ。

その一回目の講座に、昨日行ってきた。

でもね、私の期待に反し、この日はペーパー問題をもくもくと、3時間解き続けるだけだった・・・

これって、講座じゃなくて模擬テスト?

ずっとお勉強を続けてきたお子さんには普通の事かもしれないけれど、娘は椅子に3時間も座り続けたことがない。
そしてこの手のペーパー問題は、慣れが必要で、見たこともやったこともない子には非常に厳しい。

おまけに最後の問題は、どこかの小学校の過去問で、難しかった。
終了時間が迫ってしまい、解き終えた子から解散となり、娘は最後になってしまった。

3時間緊張しながらガンバって、それなのに最後に残ってしまい、娘なりに悔しい気持ちになったのだろう。
終わった瞬間から、涙がポロポロ。

先生にお礼を言い、帰り支度をしていたときに(娘は号泣)、先生に聞いてみた。

『実際の試験の時には、こんなに難しい問題は出ませんよね』と。

すると、『でもこの問題は、東京や大阪のお友達がお勉強している問題の、100分の1の難しさですよ』と、返ってきた。

答えになっていないし、何が言いたいんだろう、と悲しい気持ちになってしまった。
(傷口に塩をぬられた気分?)

二回目は、今度の日曜日。
体育館で、運動の練習をするらしい。

私は、受験のポイントが知りたかっただけで、試験に出もしない問題でダメージを受けたくなかったなぁ・・・
不信感でいっぱい。
でも、運動は試験で出るから次回は実りある講座になることを期待しよう。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

娘、今度はお腹のカゼ?!

先週から、ずっと体調が悪い娘。
だいぶ元気になったけれど、今日は再受診の日だった。

そして夕方、小児科へ向かう車の中で、娘に吐かれてしまった(涙)
かわいそうに、気持ちが悪かったのね・・・

でも、そのあまりの量に、小児科に着いた時にはワタシの方がパニック気味。
どうやって車から降ろしたらいいのかわからない(汗)

看護婦さんの指示に従い、とりあえず娘を連れて行き、身体を拭いてもらい、着替えをお借りして・・・
汚れなかったのは、靴下だけ。トホホ。
本当にお世話になってしまった。

病み上がりで登園し、今度は流行の、お腹のカゼに感染してしまったらしい。
その帰りの車中でもまた嘔吐され、かわいそうだけど、悲しい・・・

帰宅後、薬を飲ませ、眠ったところで車の掃除に。
がんばったけれど、キレイにならないから、続きは夫に任せよう。

問題は、娘の汚れた服と、ダウン。
看護婦さんは、臭いが漏れないようにと、キチッとパックしてくれた。
ってことは、開けたら大変なことになる?

あーん、どうしよう!
洗いたくない(開けたくない)!!
でも、2回しか着ていないチュニックも入っていて、捨てたくない!!!
でもでも、あれを洗うの???
どうしよう~(汗)

お腹のカゼは、本当に辛くてかわいそうだけど、母も相当ツライ。
どうか、すぐに良くなりますように・・・


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪11/12 発表会の曲、決まる☆

先週からの、娘やワタシの体調不良により、超練習不足で向かった2週間ぶりのレッスン。

でも、気分はウキウキ♪
だって、発表会の曲を決めるんですもの。
選曲って、どうしてこんなに楽しいんだろう~。

前回、先生に月の光を提案されて思いついたのが、ドビュッシーのレントよりおそく

さっそく先生に話してみると、
『これならさほど難しくないし、良い選択じゃないですか~』と、あっさりオーケーが出た☆

そこで、前回候補に残ったコンソレーション第3番と、レントよりおそくを、楽譜を見ながらCDを聴かせてもらい決めることに。

先生の意見は・・・

■ コンソレーション第3番  

 静かな曲は、お客さんもシーンと曲に聞き入るから、音を外すと目立つし、
 そこから立て直せる図太さがないとムズカシイ。
 音数が少ないから、いかに線で繋げるかが勝負。
 左手を完璧に、エアピアノが出来るぐらいに。
 でも、美しい曲だから、チャレンジしてもいいかも?!

■ レントよりおそく

 ドビュッシーが認められてからの作品で、初期のロマン派の雰囲気を引きずって
 いたときの曲とはまったく違う。
 この曲を弾くには、ドビュッシーや他の作曲家の、同時期の作品をたくさん聴いて、
 身体に響きを覚えさせることが必要。
 曲に動きがあるから、コンソレーションに比べたらミスは気づかれないし、
 弾いている本人も気にならないかも。
 シャンゼリゼ通りの石畳が、雨でしっとりと濡れている初秋の雰囲気で、
 小粋に演奏すると良し。

ということで、コンソレーションを(私が)ステージで演奏するのは危険、という判断で、レントより遅くに決定☆

でも、まだ時間があるので2曲とも同時に譜読みを始めて、様子をみさせてください、とのこと。

帰りに、レントより~対策のCDを5枚お借りした。
プーランクの歌曲集もあり、聴くのが楽しみ♪

レッスンの内容は、簡潔に・・・

■ フランス組曲5番 クーラント (7回目)

もう7回目なのに、ぜんぜん前に進めない(汗)
練習曲代わりだから、これでいいのか?!

宿題は、テーマの流れ(レガート)と、リズムを刻んで弾く箇所、2種類の弾き方の違いを意識すること。
練習不足から、右と左の音がビミョウにずれているので、気をつける。

■ 紡ぎ歌 (4回目)

宿題は、
重音のバランス(前回も注意された)。
左手はメロディのジャマにならないように(力は必要ない)。
ペダルを入れる。


新曲2曲の譜読みも入れると、盛りだくさんの宿題でウレシイ悲鳴?!
モチベーションは急上昇。がんばるぞ~☆


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

受検?受験?

今日は息子の学校の参観日。

親も子も一緒に、進路説明会に参加してきた。

これから3月の受検までの、事務的な手続きや生活の注意点などを聞いてきた。

まだまだと思っていた息子の受検も、実は目前に迫っていることにイヤでも気づかされ・・・

はぁぁぁぁ~(←大きなため息)、代われるものならワタシが勉強してあげたい、というぐらい、なにもせず寝てばかりいる息子。

どれだけ寝たら気が済むのかしら(怒)。
こんなんで大丈夫???


ところで、今日の資料をみて、あれっ?と思ったのが、受検の文字。

受検って、受験じゃないの?

岩波の国語辞典で調べたところ、(調べものにネットを使っちゃダメ、と息子に口が酸っぱくなるほど言っている手前、辞書で調べてみた。)

■ 受験  試験を受けること「大学ー」

■ 受検  検査、検定を受けること

う~ん、これだけでは、どうもスッキリしない。

もう一度、資料をよく読んでみると、学力検査、検査の配点、などの言葉が出てくる。

高校は、試験を受けるのではなく、検査を受けるから受検なの?
そういうこと?
わかったような、わからないような・・・

今度、面談の時に先生に聞いてみようかな。
担任の先生は、国語の先生だし。
こんな質問したら、かなり恥ずかしい?

でも、なんか気になるなぁ~。


☆ランキングに参加しています。↓クリックお願いします☆
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

脅威の回復力・・・

娘のカゼが、すっかりうつってしまった・・・

娘は、先週の水曜日から発熱とゼンソクの発作で苦しみ、まだひどい咳が残るものの、やっと元気に。

そして、娘の熱も下がり一安心と思ったら、ワタシの体調が悪くなってしまった。

毎日、ベッタリ一緒にいて、顔の近くでゴンゴン咳をされたら、それはうつるわよね。
月曜日の夜から胃が痛くなり、頭痛とだるさで動けない(熱は微熱だった)。

でも、誰もワタシ(主婦)の代わりをしてくれないから、さぁ大変。

『夕食後の食器は、そのままにしておいてね』と言うと、本当にそのままにしておく、ウチの家族。
ワタシがその食器を片付けたのは、やっと起き上がれるようになった火曜日の夕方。
実に24時間そのままだった。

食器を片付け、やっとの思いで着替え、夕食を近くのお惣菜屋さんへお弁当を買いに行き、帰宅後フラフラになりながらお風呂の掃除をして、19時には薬を飲んでベッドへ。

娘のことはみんな心配するのに、どうして~(怒)
少しは手伝いなさいよ~!
うーん、苦しいよ~(悲)

ワタシの怒りは脅威の回復力となり、今朝は昨日の体調の悪さがウソのように、元気になっていた。

長引かないでよかった~。(あさってはレッスンだしネ♪)
でも、こんなに早く良くなっちゃうから、『どうせママはすぐに元気になるヨ!』って家族に思われるのかも(汗)


まぁ、どっちにしても、カゼはひかないほうがいいわね。
とくに主婦はね。ふぅぅ(ため息デス)。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

紅葉狩りと松茸

先週の日曜日に、紅葉狩りにでかけた。

全国的にみたら、紅葉はこれからだと思うけれど、この辺りの紅葉は終わりに近づいている。

お出かけのついでに、松茸づくしを出してくれるお店に寄ってきた。

10月末だと、もう松茸は終わりで、焼き松茸はムリかもしれないと、予約の際に言われたけれど、行ってみると用意されていた。

IMG_0178_convert_20101107112653.jpg IMG_0180_convert_20101107112713.jpg 

IMG_0182_convert_20101107112756.jpg IMG_0181_convert_20101107112736.jpg 

IMG_0184_convert_20101107112814.jpg IMG_0185_convert_20101107112837.jpg

写真以外にもたくさん頂いて、私は完食できず、松茸ごはんはお土産にしてもらった。

以前、妹と韓国に松茸を食べに出かけたことがあったけれど、それ以外でこんなにたくさんの松茸を頂いたのは、初めてのこと。

焼き松茸が、いちばんおいしかった☆


帰りに、海を見てきた。
台風通過の後で、太平洋は日本海と見間違うかのように、荒れていて、恐かった・・・

IMG_0187_convert_20101107112935.jpg 

そして、肝心の紅葉狩りはというと、残念なことに雨が降り出してしまい、車から眺めて終了。

写真も撮れなかったので、我が家のベランダからの紅葉をどうぞ♪

IMG_0193_convert_20101107112959.jpg 


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

アレルゲンはマリーゴールド

おとといの記事にも書いたけれど、頂き物の紅茶を飲んだらアレルギー反応が出てしまい、顔が赤く腫れてしまった。

午後1時頃、お昼にチャルメラを作り、食後に『マロングラッセ』のフレーバーティーをいただいた。

その2時間後ぐらいに、『あれっ、顔がかゆい!』と思い鏡を見ると、目の周りが盛り上がり、腫れていた。
紅茶が悪かったと直感的に感じ(チャルメラは大丈夫)、パッケージをみると香草(ハーブ)と書いてあり、ティーバッグの中には、黄色い花びらが入っていた。

その日の夜には、それはもうひどく腫れ上がり、お化けのよう・・・

次の日は、腫れは若干治まったものの、会う人ごとに驚かれる始末。
そうよね、目の周りが腫れたから、人相が変わっているんだもん。

気がついたのと同時に、抗ヒスタミン薬を飲み、弱いステロイドをつけたのが効いたのか、今日はだいぶよくなった。

そして先ほど、紅茶の会社へ問い合わせていた、ハーブの種類が分かった。

犯人?は、マリーゴールドだった。

マリーゴールドは、キク科の食物。
そして、ワタシは、キク科のアレルギー持ちで、春菊やよもぎ餅、カモミールティーが苦手。
菊人形や、秋の屋外行事は花粉がたくさ~んとんでいて、もう大変。

ティーバッグの中に、かわらしい花びらが3枚入っていただけなのに、こんなに反応がでるなんて。
ワタシの不注意もあるけれど、パッケージに、香草(ハーブ)ではなくて、マリーゴールド(キク科)と書いてくれていたら、よかったのに。

マリーゴールド、かわいいお花なのに、コワイコワイ。
とても良い勉強になりました。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪10/29 発表会の選曲開始

実に、2週間ぶりの更新。

連日のあまりの寒さで、冬眠していました(冗談デス)

レッスン日記も、10月23日と29日の2回分たまってしまった・・・(汗)

仕方がないので、23日分はあきらめて、29日のレッスン日記デス♪


レッスンの最初に、先生から、
『来年の3月27日の発表会の曲を、そろそろ決めましょう』と。

そこで、ワタシの希望を伝えてみた。

♪ ショパン 即興曲1番 Op.29

♪ リスト コンソレーション第3番

すると先生に、即興曲はやめた方がいいですね。と、速攻で却下された。

テンポが速い上に、左手の音が飛んでいるから、ステージで一音外すと崩壊する可能性大、だそうだ。(私のレベルでの話しです)

うーん、そこまでハッキリ言われたら、これ以上粘れない・・・

そこで先生に、長調で、和音がガンガンの曲じゃなくて、メロディが歌いやすい、可愛らしい小品がいいと説明したら、『じゃあ、ドビュッシーの月の光はどう?』と。

え~っ、月の光ですか???

とても好きな曲だけど、弾けない予感がするし、ましてステージで弾くなんて絶対ムリ。

あーでもない、こーでもないと話し、来週までお互いに考えましょう、と宿題になった。

そして、その来週は明日、11月5日。

ところが、昨日から娘が39度の熱を出しているので、明日のレッスンはお休みすることに。
選曲は、一週間の猶予が出来たから、もう少し悩んでみよう。
(ショパンの、ノクターン2番でもいい?)


■ フランス組曲 5番 クーラント (5回目)

先生の言うイメージが分からず、ドツボにはまったかも?

管楽器の音をイメージして元気に弾く→もっと品よく、ガツガツしない→明るく、ハリキって、情けない音で弾かない

と、レッスンの度に違うことを言われ、どんな風に弾いたらいいのか、ちっともわからない。
先生に聞くと、たくさん説明され、ますます混乱しそうなので、とりあえず宿題をこなすことに。

今回の宿題は、左手は太鼓の音で、四分音符=63で、ゆっくり練習すること。


■ 紡ぎ歌 (3回目)

次の生徒さんが来てしまい、大急ぎのレッスンに。

注意点(宿題)は3点。

♪ 11小節~ メロディはアクセントをつけて切り、音をひきずらない

♪ 17小節~ 前回のレッスンで弾き方を注意されたら、気をつけすぎて、
        そこだけ遅くなってしまうので、テンポで弾けるように

♪ 重音は上の音が立つように。片手だと出来るので、両手でもできるように





ここまでは、朝、娘を病院へ連れて行く前に書いた。
帰宅後、お薬を飲んで、さぁ、お昼寝してね、と思ったら、激しいゼンソクの発作が起きてしまい、再び病院へ。
入院覚悟で行ったけれど、家に戻れて本当によかった。

今も、ぜーぜーと呼吸がつらそうで、寝ても咳ですぐに起きてしまう。
こんな夜はお約束のように、夫は当直で留守。

そして私は、友人にもらったマロングラッセのフレーバーティーを飲み、数時間経ったら顔がかゆくなり、慌てて鏡をみたら、目の周りが真っ赤に腫れている~!
しまった、アレルギー反応だぁ!と、紅茶のティーバッグを見ると、何かの花びらが入っていた。
パッケージには、香草(ハーブ)とあった。

原因は、絶対にこれだと思う。
でも、何のハーブ?
明日、問い合わせなくちゃ。

今、私の顔は目を中心にますます腫れ上がり、お化けのよう・・・。
こうなると、薬を飲んでもなかなか効かなくて、3週間ぐらいは悲しい気持ちで過ごすことに。
明日、受診できればいいけれど、娘の体調を考えると難しいかな。

やっぱり、みんなで元気に過ごせるのが、いちばんネ。


☆なが~い記事を読んでいただき、ありがとうございます☆

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村