塾ってこんなものなの?

受験生の息子は現在、個別指導の塾に通っている。

先日の私立高校の入試で、解けなかった数学の問題を塾で質問したら、

先生も解けなくて、分からないまま帰ってきた(入試の時に問題はもらえたが答えはもらっていない)。

さすが入試問題、難しくて先生も分からないのねぇ、と驚きつつ、夫に教えてもらうように息子に話し、

二人で仲良く解き始めたら、30年近く前に中学生だった夫が、すぐに解いてしまった。

その時点で、この問題は難しくないと判断し、塾の先生が解けないのはいかがなものかと、電話をした。

そして一週間後、先生が導きだした答えは、息子と夫が出した答えと違っていた・・・

息子も、「それはこうじゃないですか?」と言えば良かったのに、言えなかったらしく(汗)

家で確認したら、やっぱり間違っているのは先生。

これってどういうことなんだろう。

入試まで5週間と切羽詰まった時期に、分からない問題を一週間も放置したあげく、

間違った解説(しかもチョコチョコと殴り書きで説明)と、答えを教えるなんて!

塾の先生って、こんなものなの?高校入試の問題が解けないなんて、プロ意識にかけていない?

信頼して息子をお願いしていただけに、ガッカリだなぁ。

塾、やめさせようかな。急にお月謝が惜しくなってきた。

早く受験が終わり、落ち着いた日々が戻りますように。





IMG_0331_convert_20110129114039.jpg IMG_0332_convert_20110129114100.jpg

すぐに痛んでしまうみかんを、ベランダに出しておいたら、鳥が食べにきた。

箱のフタを閉めなかった、だらしない私が悪かったということで、みかんは鳥にあげることにした。

何て名前の鳥なんだろ~。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

息子、高校受験へ行く

今日は、息子の私立高校受験の日。

本命の公立高校の受験は、3月9日。

私立は2校受け、今日が初日で、次は16日。

息子はすでに、今日の高校から、調査書推薦で合格を頂いている。
ありがたいことに、特待もいただいた。

そのこともあり、息子は余裕いっぱいで、緊張感ゼロ。
今朝も、私に5回起こされて、やっと起きるありさま。

普通、初めての受験の日って、もっとドキドキすると思うんだけど(怒)
緊張しているのは私だけデスか~?!

IMG_0300_convert_20110107220729.jpg

たくさんの方に応援してもらい、今日の日を迎えられたはず。
息子には、感謝の気持ちを大切にガンバってもらいものだ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

受検?受験?

今日は息子の学校の参観日。

親も子も一緒に、進路説明会に参加してきた。

これから3月の受検までの、事務的な手続きや生活の注意点などを聞いてきた。

まだまだと思っていた息子の受検も、実は目前に迫っていることにイヤでも気づかされ・・・

はぁぁぁぁ~(←大きなため息)、代われるものならワタシが勉強してあげたい、というぐらい、なにもせず寝てばかりいる息子。

どれだけ寝たら気が済むのかしら(怒)。
こんなんで大丈夫???


ところで、今日の資料をみて、あれっ?と思ったのが、受検の文字。

受検って、受験じゃないの?

岩波の国語辞典で調べたところ、(調べものにネットを使っちゃダメ、と息子に口が酸っぱくなるほど言っている手前、辞書で調べてみた。)

■ 受験  試験を受けること「大学ー」

■ 受検  検査、検定を受けること

う~ん、これだけでは、どうもスッキリしない。

もう一度、資料をよく読んでみると、学力検査、検査の配点、などの言葉が出てくる。

高校は、試験を受けるのではなく、検査を受けるから受検なの?
そういうこと?
わかったような、わからないような・・・

今度、面談の時に先生に聞いてみようかな。
担任の先生は、国語の先生だし。
こんな質問したら、かなり恥ずかしい?

でも、なんか気になるなぁ~。


☆ランキングに参加しています。↓クリックお願いします☆
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

息子、夏休み終了

中3の息子の夏休みが、今日(16日)で終わった。
夏休みが短い地域ではあるけれど、息子の学校の夏休みは、とびきり短い。
(冬休みも短い。春休みは少し長め。)

休みが短いだけでも気の毒なのに、いきなり初日から前期期末テストが行われる。
なにも、休み明けにいきなり定期テストをしなくてもねぇ

まぁ、山盛りの夏休みの宿題はテストに対応しているから、まじめにキチッとこなせば良い点を取れるんだろうけど。

宿題で厄介なのは、なんといっても風景画と、読書感想文。

風景画の課題は、二点透視図法、空気遠近法、光と陰(配点表まで渡されていた)。
息子が仕上げた絵は、残念なことに小学生低学年レベルだった

これでは課題がクリアできないと、焦った夫は、昨日5時間かけて息子のために新しい絵を描いた。

そして読書感想文も添削をして、人並みの感想文となった。



普段、留守がちな夫は、家に居ると息子の事が気になって仕方がないらしく、とにかく小言を言う。
昨日はテスト前ということもあり特にひどく、聞いている方もウンザリ
こんなふうに言われていたら、やる気なんてますますなくなると思う。
少し、ほうっておけばいいのに・・・

感想文や、絵もそう。
決して上手く出来なくても、本人なりにがんばったのだから、どんな評価がついてもそれでいいと思う。

そんな考え方の違いから、昨日の夕方、夫ともめてしまった。
夫には基本的に何を言っても通用しなく、ワタシが話せば話すほど、怒りをかう事になってしまい、一度もめると収拾がつかない

プリプリと怒った夫は、今朝はワタシが起きる前に出勤してしまい、今夜は当直。
明日はそのまま出張に行くらしいから、夜まで顔を合わせる事がなくて、正直ホッとしている。


おっと、息子ネタが、夫のグチになってしまった

息子は、騒動の責任を感じたのか、テストの前日のためか、今日はめずらしく黙々と勉強していた。
さて、どんな結果を持ってくることやら


☆↓ランキングに参加しています☆

息子、富士登山から無事に帰る

今日の夜、息子が無事に学習旅行から帰って来た。

はたして富士山の頂上まで登ることはできたのか、体調が悪くなったりしなかったか、親バカなワタシは、この4日間、ずっと心配だった

でも、駅で解散した時の息子の顔をみて、心配は不要だったことが、すぐにわかった。
だって、ここ最近、見たことがないような、充実感にあふれたキラキラの笑顔だったから(親バカだと笑ってください

息子は、9合目から頭痛に苦しんだけど、頂上に無事にたどりつけたと、自慢げに報告
『早く、いろいろ聞いて(質問して)よ!』と言い、話したくて仕方がない様子。

登山途中の苦難?の数々を聞いた後、ひとつ聞いてみた。

『心にジーンときたこと、一つぐらいはあった?』

『8合目からみたご来光。キレイで大きくて、あっという間にのぼっていくのが、見ていてわかった』

よかった。
たぶん、このご来光は息子が大きくなっても心に残ると思う。

富士山麓の清掃中、ガラスで手を切り、出血した話を聞いた時はゾッとしたが、これも良い経験。

やっぱり、経験は大切なこと。
実際に身体を動かすことで理解したり、感じることって多いと思う。


駅での解散式の時の、先生のお話の、
『人は、ゆっくりしすぎると、次の一歩がなかなか踏み出せなくなります。今日は、グッスリ休みなさい。でも、明日の朝からはしっかり普段通りの生活に戻し、受験生らしい学習をしなさい』に、ドキッ

週末は、(ワタシも)ゆっくりしようと思ったけれど、早寝早起きしよう。


☆親ばかネタにお付き合いいただき、ありがとうございます☆
☆↓ランキングに参加しています☆

息子、富士登山へ出発

 
息子は今日、3泊4日の学習旅行で、富士登山へ出発した。

今日は、山小屋へ泊まり、明日、頂上を目指す。
3、4日目は、富士山周辺での清掃活動と、現地で活動されている方のお話を聞く。

中学生の学習旅行で、富士登山ってどうなんだろう。

息子の学校は、学習旅行の行き先(活動先)を、その年の生徒の質をみてから決めているらしい。
去年の3年生は、北海道へわかめとりに、その前は、沖縄へ戦争の歴史を学びに行っている。

そして今年は、富士登山と、周辺の清掃活動へ。
富士登山の話をすると、周りの人の反応は、2つに分かれた。

☆すごい、なかなか経験できることではないから、すばらしい!
 この多感な時期に、苦労して頂上に立てれば、何かがかわるんじゃないか。
 (ワタシの心の声→うんうん、ワタシもそう思う。これで少しは粘り強い子
  になるかも

☆え~っ、大変。富士山は甘くない。
 日本一の山だし、危険も伴う。大丈夫なの?
 (やっぱり危険なんだ・・・もしものことがあったら、どうしよう

ワタシは、山登りどころか、ハイキングにも行ったことがない
登山と言われても、ピンとこなくて、どんな困難が待ち構えていて、どんな感動があるのかもわからない。
今朝、息子には、とにかく気をつけて、楽しんでらっしゃい、と言って、送り出したけど・・・正直、不安でいっぱい。

でも、そんな親心を察知してか、今回は保護者専用のホームページに、現地での活動の様子が、一日2回掲載されることに。

今、確認したら、元気に登っている様子や、美しい景色、食事の内容までが、短いコメントと一緒にアップされていた。
なんて便利な世の中なんだろ~ワタシが小さい頃には考えられないことよね。

下界に広がる、真っ白な雲の写真を見て、息子がうらやましくなった。
やっぱり、子供たちにとって素晴らしい体験だと思う。
きっと、大変なのは明日。
負けるな、息子よ、頂上を目指してファイト~


☆↓ランキングに参加しています☆

息子、恐怖の三者面談

昨日は、息子の学校の三者面談だった。
今、中3の息子は受験生。
面談は、進路についてだった。

先生は、ふたつのテストの成績表を出してくれた。
ひとつは、6月下旬の前期中間テストの結果。
ふたつ目は、 実力テスト・・・こんなテスト、ワタシは知らない。
さては息子、結果が悪くて隠していたな!
不安は的中。
こんな点数とれるんだ、と逆にあきれてしまうような点数。
恥を忍んで書くと、
500点満点で、333点。(平均346点、中央値367点

息子は医師になりたいと言い、進路もそれに沿った学校を希望している。
この結果を前に、どの口が言っているんだ

先生に、この結果から、希望校についてどう思いますか?と聞かれた。
ワタシが話したのは、
この点数は、少ない学習時間に見合った点数だと思うこと。
本人が希望している学校なので、現時点で変更は考えていない。
今後頑張った結果を見てから判断したい。
ということ。

先生は、覚悟を決めたのか、息子とワタシに『今のままでは、かなり厳しいです』とバッサリ

はい、わかっています、ワタシもそう思います。
わかっていないのは、息子だけ・・・

今後の実力テストで、どんなに悪くても8割、400点を取るように何度も言われ、面談終了。


息子よ、中学受験の合格発表の日、自分の番号がなくて泣いたことを思い出してくれ~。
結局、3日後に繰り上げ合格になったけれど、あの時の苦い思い、もうワタシは遠慮したい

この夏休みが勝負。
どこまでがんばれるかな?


☆↓ランキングに参加しています☆

サザエさんの配偶者は?

今日のお夕飯の時に、サザエさんを見ていると、息子が突然、

『ママ、サザエさんの配偶者って誰?』と、聞いてきた。

ワタシは、『?』が浮かびながらも、

『マスオさんでしょ』

『じゃあ、配偶者って何のこと?』

ますます『???』のワタシ。

『結婚相手、夫や妻のことでしょ。…なぜ?』

息子の話をまとめてみると、金曜日の中間テストの社会で、サザエさんファミリーを例に問題が出され、そのうちの一つが、『サザエさんの配偶者は誰か』だったという。

息子は、『波平』と答えたという…
配偶者の意味がわからなかったんですって

それを聞いて、卒倒しそうになった。
配偶者がわからない中3っているわけ…
これきっと、サービス問題だと思うんですけど…

自分の用事ばかりでなく、少し、息子のお勉強を見てあげた方がいいのかしらと、本気で心配になってしまった夜だった。
はぁぁぁ…(ため息)


☆つまらないネタを読んで頂きありがとうございます☆
☆↓ブログランキングに参加しています☆

息子、最後の試合

先週末の19,20日は、息子のテニスの試合、市中総体だった。
息子にとっては、中学生活で最後の試合。
試合二日前の発熱の件もあり、とても心配したけれど、前日には熱も下がり、やる気満々の息子。
気持ちよく送り出したけれど、ガンバル子ども達を支える側は、本当に大変。

両日ともテニスコート集合が、5時45分。
ワタシは、4時30分起床。

19日(土)は個人戦。
娘を連れて、10時から表彰式終了の20時まで、10時間テニスコートで応援

20日(日)は団体戦。
この日も娘を連れて、13時半から表彰式終了の21時まで、約8時間をテニスコートで応援

肝心の息子の成績は、
個人戦は一回戦負け。病み上がりでフラフラしていて踏ん張りがきかず、あと一歩及ばず敗退。
団体戦は、県大会出場に関係のないBリーグ参加、優勝

部の成績は、団体Aリーグは、準優勝で県大会へ。個人戦は2ペアが県大会へ。
(息子の部活動は県大会まで続くことに…ワタシとしては早く引退してほしい)
強い子ども達は、ママ達もスゴイ…応援に力は入るし、子ども達にかけるプレッシャーも…
ワタシにはあそこまではできないなぁ。

『スポーツのように、勝ち負けがハッキリしていることに、逃げないで正面から取り組むことによって、成長できるし、子ども達の今後に役立つ。悔しい思いをさせなくちゃダメよ。』と、息子が一回戦負けを決めた時に、先輩ママさんにアドバイスをもらった。
息子には負けた原因を考えさせ、最後の試合だからといって褒めてはイケナイらしい。
ワタシは甘過ぎだな…

最後の試合と思い、めいっぱい息子につきあった二日間。
かなり疲れたけど、楽しそうにテニスをしている息子を見て温かいきもちになれた。
長い時間、おりこうに一緒に応援をした娘が、いちばん頑張ったのかな


息子、発熱。

今日のピアノのレッスンに、行くか、行かないか、を考えていたら、熱いと言って起きてきた息子。
なんと、39,9度の熱があった
さすがに、その熱はおかしいと思い、窓を開け、パジャマの上着を脱がせて10分後にはかると、少しさがって39,5度。

あーぁ、娘の風邪がうつったかのかな。

ワタシは、息子を病院に連れていくことになり、ピアノのレッスンは正当な理由でお休みすることに (来週までには、計画的に練習しないと…。)

インフルエンザが流行っている学校もあり、心配したけれど、検査の結果、息子はフツウの風邪だった。

次の心配は、今週末にある、中学総体のテニスの試合のこと。
3年間がんばった、まとめの試合だから行かせたいけど、フラフラでは力が出せなくて、ダブルスのペアの子に迷惑がかかりそう…
顧問の先生に状況を相談すると、試合は息子の名前でエントリーしてあるから、変更は不可能で来るしかないとのこと。そうは言ってもなぁ。どうしてか、あの先生とはうまくコミュニケーションがとれないワタシ……。

その次の心配は、来週の金曜日の中間テスト(息子の学校は2学期制)のこと。
みんな頑張っているときに寝ていて、息子よ、いつ勉強するんだ~
今回のテストも、すでに結果は見えてきた感じ。
高校生になれなかったら、どうするんだろう

このままだと、今週は子ども達に振り回されて終わってしまうー。
そんなのいやだよー
自分の為の時間を作らないと、ワタシがつぶれてしまうかも~。
明日は、映画にでも行ってこようかなぁ。(ピアノの練習をするべき?)


☆読んでいただきありがとうございます☆
☆↓ランキングに参加中デス。クリックお願いします↓☆