レッスン♪ 4/24

4月24日(金)のレッスン日記です^^


■小犬のワルツ(2回目)

一週間、注意されたことに気をつけて(ペダル、スラー、跳ねない、装飾音)、ゆっくり確実に弾けるように練習をしました。
先生の注意点を箇条書きで。

・だいぶ定着してきたので、テンポを少し上げて(四分音符=110→124)練習する。
・ここで一気にテンポを上げると、崩壊するからガマンすること。
・次回は、強弱と、曲らしくなるポイントをレッスンします。
・そして一気にテンポを上げて仕上げてしまいましょう。
・あと、2回ぐらいで終われそうですね。

思ったよりも、早く仕上がりそうな感じです。


■愛の夢

・和音はしっかりと握れるようになった。
・左手が離れた音の時に、ペダルのタイミングがずれる。しっかりと一番下の音で踏み替えるように。
・61小節〜 左手で弾く高音部の和音は、音が違っているところは違いが分かるように意識して弾く。(適当にシャンシャンと弾かない)
・先週よりもまとまり良く弾けています。


■フォーレ 舟歌6番Op.70(1回目)

転調前の23小節まで。
想像以上に弾きづらくて、練習の成果が全く感じられない状態で弾きました。
先生からみたら「初見ですか?」って感じだったと思います〜(汗)

注意点は、

・メロディーの行方が全然分からない!
・8分の6拍子に聴こえないです!!
・両手で弾かなくていいです。片手でも曲の雰囲気を出せるように、徹底的に片手の練習を。
・その時に、拍子感を見失わないように。
・しばらくは、23小節まででいいです。



フォーレは、譜読みに苦しみそうです〜(இдஇ; )
次のレッスンは5月1日。(もう5月!はやーい!!)
すきま時間を見つけて、練習に励みたいと思います。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪ 4/16

4月16日(木)のレッスン日記です。


■小犬のワルツ(1回目)


先週は楽譜にペダルの指示を書いてもらったので、今日がレッスン1回目。
先生のお話しを箇条書きで。

・その弾き方は、まるでピアニストがリサイタルで大曲を弾いた後、アンコールで流して弾いた「小犬のワルツ」のよう。一曲の独立した曲といて扱うなら、それじゃダメ。
・拍を正しく
・左手の3拍目が休符になると、2拍目がアクセント付きで跳ねてしまう
・スラーを正しく
・装飾音はあくまでも装飾音、三連符にならないように。(逆に三連符が装飾音にならないように)
・楽譜通りに弾きましょう
・ダークチェリータルトさんの小犬のイメージがわかりました。小さい犬がキャンキャン跳ねているでしょう。跳ねなくていいです。美しい小犬で、品よくいきましょう!

結局、私は耳に馴染んだメロディーを頼りに、適当にすっ飛ばして弾いていたようでした(汗)
言われたことを全て守ると、ゆっくりでないと弾けなくて、先生と練習したら時間のかかること!

来週まで、ゆっくり確実に弾けるように練習しようと思います。



■愛の夢


・和音の中の音を抜いて弾いている箇所が多数。手の都合もあり気持ちは分かるけど、中の音を握る感じで弾く努力を。
・全体的にインテンポで淡々と弾いている。場面ごとのテンポをもう一度思い出す。

愛の夢は、メロディーを歌うことに集中しないと、ただ弾いただけのつまらない曲になってしまうことは重々承知しているけれど、気持ちがのらないと(疲れていると)上手く歌えなくて。
6月の発表会に合わせて、気持ちを盛り上げていこうと思います。



新しい宿題もでました。
フォーレの舟歌6番(Op.70)。
私の「弾きたい曲リスト」の中から先生が選んでくれました^^
水面を走る光のような、軽くて勢いのある曲です。(太くも重くも暗くもない曲です。)
来週のレッスンまでに、転調前のところまで譜読みを済ませようと思います。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪ 4/10

発表会後、初レッスンでした。


「愛の夢」は、6月にステージで弾く予定があるので、引き続きレッスンでみてもらいます。

新しい課題は、「左手のはなれた音を正確に弾く練習になるから」と、ショパンのワルツを弾くことを薦められました。
先生の一押しは、去年取り組み、中途半端になっているOp.64-3。
他には、あっさり仕上げるなら、Op.34-3(子猫のワルツ)かOp.64-1(小犬のワルツ)。
ゆっくりなワルツがよければ、Op.69-2かOp.70-2。

「正直なところ、今はワルツの気分ではないです〜」とグズグズ決められないでいたら、「ショパンを続けて数曲仕上げたら、次は子守唄と考えているから頑張って!」と、先生から思いがけないお話しが!
ビックリして、モチベーションが少し上がりました。
「子守唄」は、私の弾きたい曲のひとつ。
先生が覚えていてくれて、とても嬉しかったです。

そういうことであれば、「ワルツがイヤ!」とは言っていられないので、次の課題は、譜読みがいちばん楽そうな「小犬のワルツ」を選びました。
今日は、ペダルを教えてもらったので、来週までに譜読みを終わらせようと思います。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪ 2/20

2月20日(金)の、レッスン日記です。
「愛の夢」で注意されたことを、箇条書きで。


■最初の音の弾き方(緑の丸)



「弱くなく、強くなく、スコーンと通る良い音で。」弾けるように。
私にはとてもとても難しく、レッスンの半分はこの音に費やしたような感じさえします〜(先生は良い意味でしつこいです。)
「腕の重みを使って、指を真っすぐにおろす、斜めからたたかない、力まないで!」ということらしいです。
うーん、早くコツ?をつかまないと、毎回この音でレッスンが終わりそうな予感〜


■37小節から40小節の左手



「全体的にメロディがよく聴こえてくるのに、ここだけ、左手のダカダカと下がる音がメロディになっています。右手を歌わないと!」
ここね、、、、左手が弾きづらくて、
『左手ガンバって〜右手は適当についてきて〜!』と思って弾いているところ(汗)
弾いている通りに聴こえるのね、反省。


■59小節の小さい音符が決まらないともったいない。
■最後のページは何度聴いても同じ印象なので、安定してきた。
■指が開くようになってきて、よかった。





明日、浪人中の息子(二浪決定!)が久しぶりに帰ってくるので、今日は大掃除。
木曜日は、久しぶりにサークルに顔を出す予定。
(手術で時間が空いてしまい、今の私は何をしても久しぶりに感じることが多い(๑˃̵ᴗ˂̵)و )


バタバタしていて練習不足だけど、次のレッスンは金曜日。
息子も先生にお顔を見せたいというので(中2まで教わっていました。)、一緒にレッスンに行く予定です^^



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪ 2/17

先週、神戸へ行ってお休みした時の、振り替えレッスンをしていただきました^^


振り替えてもらえるだけでも有難いのですが、今回は、「ピアノ開放キャンペーン」を行っているホールを1時間借りてのレッスンでした。
家から20キロほどの場所にあるホールで、私は初めて伺いました。
600名収容できるそうで、ピアノはスタインウェイ。



あまり弾きこまれていない印象の、少し固いピアノでした。





レッスンは、「愛の夢」のみ。

先生からのアドバイスをまとめてみると、、、、
・体力が落ちているのか、音がステージの上でもたついていて、後ろまで飛んでこない。
・ホールで聴いてみると、メロディと内声のバランスが非常に悪い。
・フォルテやアクセントを叩き付けない。
・スタートから転調するまでの音数の少ないところを、もっと聴かせられるように歌い方を決める。

あとは、演歌のようにならないためのポイントなども、教わりました。
家で小さく弾いているのと違い、本気で弾いてきたので、かなり疲れました〜。
首の動きがまだスムーズじゃないのも(顔を動かすと肩や身体ごと動いてしまう)、疲れる原因なのかなぁ。

帰りに先生からは、「今の身体の状態や、出来ることと出来ないことが把握できてよかったです^^」と言われました。
次のレッスンは金曜日。
教わったことが形になるように、ガンバるぞ〜( ✧Д✧) !!





帰り道で、お茶をしました。



私のカプチーノは「うさぎ」、先生は「ネコ」でした♪



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪ 2/6

昨日のレッスン日記です。
今回も、家の近くのレンタルルームを借りての、レッスンでした。


1時間で見ていただいたのは、ハノンと、愛の夢のみ。

今の私の愛の夢は、テンポ通りで弾くとミスタッチが多く、雰囲気で体裁を整えているだけの、薄っぺらな演奏。
発表会で弾くには、これでは絶対にダメ。
先生の前や、サークルなど少人数の慣れた場所ならいざ知らず、ホールでの緊張した状態では、崩壊すること間違いなし!です(汗)

そこで今月中はテンポを落とし、ゆっくりと確認しながら進めることになっていたので、1週間、ひたすら丁寧に、地味に練習をしました~。


先生からは、
「先週聴いた時には、テンポでごまかされて気づかなかったけれど、、、、、テンポを落とすとアラが良くわかりますね!」
と、たくさん、たくさーん、ここに書ききれないほど、ご指摘いただきました~
久しぶりに先生と熱いレッスンができて、とても楽しかったです♪


次のレッスンは、10日後。
それまでに、今回の注意点はクリアできるよう、練習するぞ~。





本日7日で、術後1ヶ月となりました^^
はやーい!
のどの圧迫感や締め付け感、痛みや、飲み込みにくい感じに、すっかり慣れてしまい、これが通常の感覚のようになっています(汗)
それでも、今日、友だちに「声がおかしいね、お風邪?」と聞かれたので、やっぱり声の調子は悪いみたいです。





何の予定もない土曜日だったので(夫は仕事)、娘と映画「アニー」を観てきました。
術後バタバタしていたので、娘とふたりでのんびり外出したのは、久しぶり。
こうしていると、すっかり元の生活に戻ったようで、なんだか嬉しかったです。

映画の主人公アニーは10歳
娘も10歳。。
私が幼い時にアニーの映画を観た時も、たぶん娘と同じぐらいのころ。
時代背景は違っていたけれど、最後にホロッときてしまいました(இдஇ; )





オススメです^^



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

久しぶりのレッスン。

約2ヶ月ぶりに、レッスンを受けてきました!

ブログの「レッスン日記」は、今回が100件目の記事となります。
気持ちを新たに、ピアノに取り組みたいと思います^^





今回は、私が家の近くでのレッスンを希望したため、レンタルルームを借りてのレッスンでした。
手術のことや、お見舞いのお礼、その他のお喋りをはさみつつ、時間がもったいないので、しっかり弾いてきました。

まず、先生に、3月末の発表会に参加したいと、お伝えしました。
先生は驚きながらも喜んでくれて、体調をみながら準備をして、プログラムが刷り上がる本番2週間前に最終決定をする、ということになりました。
そうなると、問題は曲目。
「デュエットか、愛の夢だったら、あと2ヶ月でなんとかなるかも、です。一度、聴いてください~。」と、弾いてみると、

「愛の夢でいきましょう!音が断然いいです!!」ということで、愛の夢を弾くことになりました。(昨年の大人の発表会のリベンジになるか?!)


その後、シューベルトOp.142−3も聴いてもらったけれど、想像以上に大変なので、しばらくお休みすることにしました。
即興曲の位置づけや、装飾音、アクセントの扱い方など、学ぶことが多くて、腰を据えて取り組まないと無理です(汗)


ということで、2月いっぱいは愛の夢に集中して取り組み、その後、デュエットやシューベルト、途中になっている「子どもの情景」などを(気晴らしに)弾くことを、薦められました。





明日から仕事に戻るので(週2日、一回3時間だけど)、これで完全に今までの生活に戻ったことになります。
無理をすると頭痛がひどいので、しばらくは「1日にひとつの予定」でいきたいと思います~



おとといの雪。
久しぶりに積もりました。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪ 12/5

久しぶりのレッスン日記となってしまいましたが、毎週きちんとレッスンに通っています♪


11月に入ってひいた風邪が、いつになってもよくならなかたったり、帰省や娘のコンクールに時間を取られ、ピアノの練習まで手が回らなく、この1ヶ月間、まともに弾くことができませんでした〜。


私のような素人でも、弾かなくなると手と指が鈍くなるのですね(汗)

今日はついに先生に、
『練習ができていないせいか、指の柔軟性がなくなりましたね…辛そうです。』と、指摘されてしまいました。

私の手は小さい方なので(指が短い?)、オクターブや和音が続くと、音を押さえることでいっぱいいっぱい。
それでも、毎日せっせと練習していると指が広がり、なんとか弾けるようになるのだけど。


先生から、練習の前に、肩と手、指のストレッチをしてから弾くように言われました。
あと、お風呂で温まりながら、指を広げるようにと。


そんなこんなで、最近のレッスンは、曲を一回ずつ弾いておしまい。

練習不足なので仕方がないけれど、なにか、アドバイスが欲しいなぁ〜と思ったりします。
先生は、《手術前だし、音を忘れない程度に弾けていれば十分》…と考えているようだけど。


レッスンで弾いたのは、

「愛の夢」
「デュエット」


先生に、
「ショパンのワルツもどうぞ」と言われた時に、思い切ってお話ししました。


「このワルツは、私の好きな変イ長調だけど、弾いていてどうしても気持ちが乗らなくて、楽しくないので、お休みにしたいです!」と。


手の開きが鈍くなり、指の運びが上手くいかないこともあるけれど、、、。
でも、なによりも、この曲の転調の多さが、私の気持ちの不安定さと重なっているようで、どうしてもイヤなの。
(手術が近づき、気持ちが落ち着きません。)
ここまで、先生の指示に従い8年間ガンバってきたけれど、今ぐらいはワガママを言ってもいいかなと思って。

先生には、ワルツを弾くコツなどを説明され、絶対に素敵に弾けるから!と説得されたけれど、元気になったら弾きますと伝えました。


そして、代わりの曲の希望を聞かれたので、思いっきりワガママ(無理難題?)を言いました。

「短くて明るく、難しくなくて、弾いていて気持ちがパッと華やかになれる曲がいいです!」と。


新しい課題は、
シューベルト 即興曲Op.142-3 になりました。


全部弾けなくても、気持ちよく弾けるところだけでよいとのこと。
特に、ヴァリエーション4は、私には難しいそうなので、飛ばしていいそう。

先生を困らせてしまい、反省しています。
ごめんなさい。


年内のレッスンはあと3回。
年明けのレッスンは未定なので、どこまで進められるかわからないけれど、もう少し身を入れて練習しようと思います^^




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪ 11/14

遅くなりましたが、14日のレッスン日記です・・・(汗)


この日のレッスンは、いつも以上にお喋りに花が咲き、2時間半も先生のお宅に∑(✘Д✘๑)
レッスンの時間お喋り
なのは、いうまでもありません~


■メンデルスゾーン デュエット(3回目)

・女性のメロディーは、4と5の指で上手く歌えている。
・男性にメロディーがうつると、1の指がすぐに反応できない。
・この部分は、今は一音ずつ打って弾いても良いので、指を起こすイメージでしっかりメロディーをだす。

あとは、フレーズの取り方の間違えと、リズムの間違えを直されました。
それでも、とりあえず譜読みは終わったので、よかった。



■リスト 愛の夢

前回の宿題は、曲を6つに分け、ひとつづつ詰めて、丁寧に練習すること。
でも、時間不足で、3つめまでしか練習できなかったので、そこまで聴いていただきました。

・たくさん練習したのがわかります、自信をもって弾けている。

ガンガン弾くだけでなく、音を緩めるところを決めました。
「弱く」でも、「抜く」でもなく、「緩める」そうです。



■ショパン ワルツOp.64-3(3回目)

こちらは、練習不足のため、中間部のみ~

・左手のメロディーのアーテュキレーションを、教わり、数回練習。
・マズルカのリズムなので、アクセントの位置に注意。





この日の夜は、同じマンションのお友だちの家に、お呼ばれでした。


手みやげは、お花とワインと、イチゴにしました。



楽しいと、ついつい飲み過ぎてしまう傾向が(*∀*;)
これから年末にかけ、体重増加に気をつけたいと思います。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスン♪ 11/7

手術までちょうど2ヶ月。
身辺整理として、片付けを始めたのはいいけれど、ますます散らかり途方に暮れています。


なにもかも中途半端な私の、今週のレッスン記録です。



ピアノの上の、ベートーベンとモーツァルトです♪





■メンデルスゾーン デュエット(2回目)


この曲は、メロディと内声は、ほぼ右手で担当。

先生から、「一度、ハーモニーを握ってみましょう!」と言われ、右手だけで、メロディと内声を和音でジャンジャン弾く練習をしました。

こうすると、弾けるところはスラスラ進むけど、音と指の怪しいところは止まってしまう。
止まってしまうところは、ハーモニーが頭に入っていない箇所なので、響きを確認しながら先に進むようにと、宿題になりました。

時間がかかるのがミソだけど、「へぇ~、ここはこんな音だったのね~!」と、新しい発見もあり楽しい^^


■リスト 愛の夢


先生「テンポのブレがなくなったのは良かったけれど、、、、ミスタッチをなんとかしましょう!」

とのことで、曲を6つに分け、一日ひとつのブロックを集中的に練習。
通すのはその日の最後に一度だけ。
メロディを叩かないように注意!
一週間あるから、最後までガンバって!!

これが、宿題。


■ショパン ワルツOp.64-3(2回目)


中間部の弾き方を直されました。

・三声になっていることを忘れずに。あくまでも左手がメロディ。
・内声の和音はスタッカートで。


ここは、自分でも何を弾いているのやら、チンプンカンプンΣ(゚Д゚)
せめてメロディだけでも分かるように、練習しなくちゃ。





次のレッスンは、14日(金)です^^


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村